戸隠(とがくし)への旅-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、戸隠でのライブの為、Si-Folk吉田さんと小池の二人で車で向かいました。

【目的地】

目的地はうたごえ音楽ロッジ、アコールデ
こんな場所に立地しているのですが。

アコールデ外観

アコールデ外観

と言うわけでこんな素敵なロッジにお招き頂いたので二つ返事で行く事決定になりました。

【道程】

2009/09/19 01:07:00 出発です。

本当は0時には出発したかったんですが小池の仕事の都合で1時になりました。

出発時間

出発時間

今回は結構楽器も持っていったんですよ。
実際には、吉田さんは、
・コンサーティナ
・メロディオン

小池は
・アコースティックギター
・マンドリン
・5弦バンジョー
・アイリッシュ・パイプ

でした。
これだけで車のトランクは一杯になったのですが。

シャッタースピードあってないけどとりあえずトランクは一杯

シャッタースピードあってないけどとりあえずトランクは一杯

こんな感じで出発です。

2009/09/19 03:00:00 休憩の為、養老インターで停車。

かなり疲れてたのか今回撮った写真って殆どブレてますね(^_^.)

養老インター

養老インター

ここで眠たい頭で小池がブラブラしていると、
「すみません。」
「私達、ヒッチハイクで旅をしているんですけどぉ~ 長野方面まで行きたいんです。」
「もし長野方面まで行かれるのなら乗せてもらえませんか?」

って声かけられたんですよね。
夜中の3時。
しかもかなり可愛い。
でもヤバい人たちだったらどうしよう・・・・
一瞬で色々考えたんだけど、
「ちょっと待ってて。一緒に居る連れにも聞いてみるから。」
なんて言って吉田さんに思いっきりフリまくり(*^。^*)
そしたらトイレから戻ってきた吉田さんは、
「俺は良いけど・・・」
なんて更にフラれたりして(笑)
で結局、じゃー彼も連れておいでよ。
って事で二人を乗っけ再び四人でドライブは始まりました。

車中にて

まぁ~色々話してたんですが彼らは僕たちの目的地である戸隠の近くにある飯綱高原スキー場で開催されるファイアーフェスティバルにボランティアとして参加すると言うことが判明。
その為に信濃町インター迄行きたいとの事。
もちろん僕たちも信濃町インターに行くので全然OKでした。

更に僕達が旅の目的を話すと、
「彼もミュージシャンなんですよ。」
「ハンドラムってしってますか?」

なんて答え。
知ってますよ。もちろん。
小池が真剣ほしいと思ってるけどもう手に入らない幻の楽器。
それからは話も進み色々話しながら二人は爆睡(笑)
気がついたら信濃町インター
早く着いたし目的地の飯綱高原スキー場までおくるよ。
って事で彼らを飯綱高原スキー場に。

2009/09/19 07:00:00 飯綱高原スキー場にて

まぁ~あつかましくも吉田さんと二人でせっかくだから生演奏してよ。なんて言ったらやってくれました。

ハンドラム奏者-1

ハンドラム奏者-1

ハンドラム奏者-2

ハンドラム奏者-2

その演奏のビデオも撮らしてもらいました

で、その後、朝食を摂りうたごえ音楽ロッジ、アコールデへ。

つづく….

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こいけさん より:

    > パイパー森 さん
    ホント、この楽器っていろんなものを飲み込む不思議な力がありますよね。

    ちなみにHang Drumのサイトに行くと面白いですねぇ~
    楽器の生い立ちとか色々書いてて。

  2. パイパー森 より:

    いや〜、なんとも不思議な楽器、初めて知りました。
    私、音色の好みから言うと、カラっと乾いたスティールドラムの音色ってさほど好きではないのですが、この楽器はガムランにも通じるモンスーン的湿り気があり好きです。

    ネットで検索してハンドラムの映像見まくりましたが、ソロよし、ヂデュ等他の民族楽器との相性も良し、う〜ん、癒されました。

  3. こいけさん より:

    > さん
    はい。Hangです。
    以前、http://piperscaffe.org/main/?p=681でも上げてたんですがホントに癒される音ですよね。
    楽器を入手したいのですがもう現在は無理みたいで・・・
    残念に思ってたので目の前で実物を見ることが出来ただけでも幸せって思ってます。

  4. Micheal より:

    いやー、このハンドラム、hang ですか、
    しびれます。この手の音楽に最高ですね。
    いいもの、聞かせてもらいました。