ちょっとしたパイプの修理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

割れてるし

いつもみたいに油の注入していてチャンターのエンドキャップ触ったらポロっと割れてしまって。

なぁーんか此処最近空気漏れしている音がしててあんまり腰のある音がしなかったんですよね。

ひびが入って空気が漏れてたんだと思います。

エンドキャップは他のパイプの場合、殆ど装飾的な意味合いですがNSPは本当に大切な部位です。

とにかく指穴以外から空気を漏らさないことが一番大事なパイプなので。

DSC_0005

ちょっとエンドキャップを触ったらこんな感じでわれてしまって・・・

割れてるし

何故か他のパイプもそうなんですがこのイミテーションアイボリーって素材に難があるんじゃないかと思うんですよね。

何かの樹脂のはずなのに本当によく割れるから。

DSC_0018

割れたら着ける。

粘度が高い瞬間接着剤が良いと思います。

DSC_0052

接着麺の汚れをアルコール等でふき取って綺麗にしてから、

DSC_0015

ひっ着けるとこんな感じで元通り。

DSC_0059

一応、針金巻いて補強しておきます。

数日経ったら取りますよ。

DSC_0062

中にはみ出た接着剤を取ってから、

DSC_0064

サンドペーパーで磨いて、

DSC_0065

空気が漏れないようにシリコンテープを巻いて、

DSC_0013

差し込めば出来上がり(^_-)

DSC_0069

で、パットには油を注入。

DSC_0022

DSC_0024

結果、物凄く良く鳴る様になりました。

DSC_0011

ちょっとした事ですがメンテを怠るとダメですね。


『ちょっとしたパイプの修理』へのコメント

  1. 名前:ピキ次郎 投稿日:2012/06/18(月) at 23:38:07 ID:66e386d36

    よく壊れますね…大変ですね…

  2. 名前:こいけさん 投稿日:2012/06/20(水) at 21:51:31 ID:65122ab05

    >ピキちゃん
    ホンマに壊れます。
    なんでなんでしょう?
    折れたり、割れたり、欠けたり。
    一回のコンサートでもギターの弦はアホみたいに切ってしまうし。
    キレないようにナットやブリッジも絶えずチェックしてるのに。
    きっと楽器と相性が悪いんだと思います(^_^.)