土曜の夜は京都アイリッシュパブ、フィールドでライブ鑑賞&セッション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の土曜は昼間、知人の結婚式で演奏するお仕事の練習を行いその夜には以前から誘われていた京都アイリッシュパブ、フィールドで行われるライブに行ってきました。

ライブの主役はリムリック大学でアイルランドの伝統音楽を専攻されている高橋創さん(アコギ、テナーバンジョー)、スティーブン・ヘフネンさん(ボックス)でした。

お二人の演奏は伝統音楽の本道を行くなかなかに落ち着いたでも力強い演奏でしたよ。

テクニックも十分だし。

なんといいますか日本からも若い方はドンドンと海外で勉強してそのパワーを日本に持ち帰っていただきたいなぁ~なんて思ってます。

日本人が活躍しているのはとっても嬉しくなりますね。

で、ライブ後にはセッションの始まり。

まいどおなじみのメンバーが集まってのセッション。

セッション

楽しかったですが私は帰りの電車があるので22;40にはサヨナラでした。

今回来られてお二人にはこれからも活動の輪をもっと広げ皆と良い関係を築かれる事を願っています。

※掲載しています写真はお友達のサイト(アイリッシュ・パブこぼれ話)から。


『土曜の夜は京都アイリッシュパブ、フィールドでライブ鑑賞&セッション』へのコメント

  1. 名前:ゆたか 投稿日:2012/07/31(火) at 08:55:28 ID:3d53b9409

    高橋 創さんは、どのような活動をされて来たのですか?

  2. 名前:こいけさん 投稿日:2012/08/01(水) at 22:33:24 ID:308f34ee0

    > ゆたかさん
    東京に居られる時に城田じゅんじさんにギターを教えてもらった後、アイルランドに音楽留学に行かれたみたいですね。