刑事罰適用して違法ダウンロードを取り締まっても売り上げ回復せず。って(^^;)

みんなに紹介してみる

刑事罰適用1年 売り上げ回復せず

そんなの当り前やん。なんて思ったのは自分だけではないはず(^.^)

全然面白くもない音楽のCD一杯出しても誰が買うかよ。

で、最近はどんな歌手が出てるのかなぁ~?なんて歌番組(あんまりないけど)観てもAKBとかジャニーズ系ばっかり。

ただ、一時期の全く面白くない韓流音楽は最近なりを潜めたのでお目当てのアーティストが出る時には観るようになりましたけど。

ただ未だに思うのは売る側の意識がダメ。

枚数売れたら何でも良い。

それも瞬間風速的に。

だらかおまけ付けたり。 AKBの投票権みたいに。

選挙の投票権欲しさにオタク買いしてプラゴミの日に出されてるAKBのCDみてたらこれって何?って思ってしまいます。

そういえば子どもの頃ライダースナック(オヤジの年代です(^^;))に付いてるカード欲しさに親の金くすねて問屋でライダースナックを箱買いしてそれがバレて親にボコボコにされた奴いたなぁ~

こんな事やってたらその時々の枚数は稼げるかもしれないけど後は無いですもんね。

実際に売れ続けている楽曲なんていつの時代に聴いても聴けるからロングテイルに売れてると思うし。

と言いつつ1年間に新譜を30枚位は買ってる自分はまだ業界への貢献度はマシなほうだと思うんだけど。
でもそれだけ買っても半分以上はamazonなんかでまた売っちゃいますしね。

手元に置いておきたい良い音楽ってなかなか無いです。

で、話は戻ってCDの売り上げが戻ってこない話。

この記事を読むと日本レコード協会の高杉健二常務理事さんはまともな事を言われていますが実際には全然そうじゃ無い処がもうなんとも言えない位に変な顔になってしまいそうな感覚です。

実際、CD等が売れなくなった原因を業界の人も何かに結びつけたかったのはわかるけどもう無理があるんですよ。
これまでのやり方では。

更に著作権とか煩くなって街中から音楽も消えちゃいましたしね。

自分が子どもの頃なんて街中音楽で溢れかえってて(かなり煩かったけど(^.^;))新しい音楽がドンドン耳に入ってきてたんだけどなぁ~

まぁ~今の時代、音楽以外に楽しいことは沢山あるしお金出してまで聴くモノなら聴かなくて良いわぁ~って人も沢山居るのが現実。

更に自分も街中でライブしたりしますが音楽自体に全く興味が無いというか空気みたいに感じる人って結構居て音楽好きや楽器やってる人が思っている以上に音楽に興味ガ無い人って多いんですよ。
実感としてそう思います。

さらに売る側も買う側のニーズを考えず、

こんなの作ったからさっさと買えよ!!

みたいな態度だから誰にも見向きもされなくなるんだと思うけど。

唯一CD買ってくれそうな音楽ファンからも。

個人的に思うのは音楽聴きたい為に買ってるのに凝った包装とか要らないから。

日本はCD高すぎなんですよ。

難しそうですねぇ~

音楽で食っていくのは(^.^)

業界の人頑張ってください

でわでわ