バグバイパー(バグパイプ奏者)は耳を守ろう (*^。^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tpp1

バグパイパーに限ったことではなくて耳を酷使するお仕事全般に言えますが楽器弾きの中では特にパイパーが難聴の脅威にさらされているかと思います。

実際、自分も加齢のせいもありますがそれ以上に楽器が原因と思われる難聴状態によくなります。

だいたいハイランドパイプの音量ってどれ位かご存知でしょうか?

このあたり

を見るとソロで95-110デシベル、フルに演奏されているパイプバンドだと122デシベルにも達するなんて・・・・(@_@;)

大体、122デシベルって 騒音値の基準と目安 等を参考にさせていただくとジェットエンジンの近くって(^_^.)

もう笑えない。

そりゃこういう音の中で演奏しまくってたら難聴にもなりそうですよね。

と言うわけで海外のパイプ専門店ではそんなパイパーの耳を守る為の耳栓が売られてるんですがわざわざ買うのもなんなので私は国内販売の耳栓を使っています。

だいたい二つのタイプがあってシリコン製のもの

とソフトタイプのもの

自分的にはシリコン製は耳が痛くなるので

DSC_0003

もっぱら柔らかいタイプのものを使っています。

DSC_0001

実際、効果はテキメン。

今までは防音室やカラオケルームでボーダーパイプを練習すると数時間~数日、耳の聞えが悪い状態になっていましたが耳栓使うようになってからは練習終わっても元の状態のままで凄く安心して練習できます。

更に寝る時も装着して寝るととっても熟睡出来ますよ。

という訳で耳は加齢と共に聴力が落ちるのは当たり前ですが無茶して落とさなくても大事に使って行きたいものです。

2013_06_13_15_35_49でわでわ