NSPの調整

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0151

もう正直我慢できない!!

何がって自分のNSPのチューニング。

ほんとに酷くって(^_^.)

普通はリードの調整である程度は解消できるんですが出来上がった時点で指穴をかなり調整した後があるし。

リードも他のメーカー、自作のリード色々試したけどどうしても合わない音が結構有って。

よく使用するキーを使わない穴に関してはテーピング等で対応してました。

ただNSPってちょっとしたバックの圧力で音が変わるんですがテーピングしてる音ってその変化が結構強いんですよね、

なので音程が高い穴に関してはテーピングではなくて穴を埋める加工で対応することにしました。

先ずはキーで出すB、G#の音。

もうメチャメチャ高くて全くあってない。

リードの調整しても何してもムダ。

これは購入したときからだったので。

DSC_0148

私がいつも使用するのはエポキシ系のボンドで穴を盛ってます。

もっと良い方法があるかも知れないけどきかない。

これが良いと思ってるから(^_-)

二種混合のボンドですが固まると油に強いのでこれを使ってます。

これに固まる前に木材の切りカスをを混ぜて黒色にしてから少し混ぜると硬くなってくるのでその一瞬の間に穴の上側に盛ります。

1時間程すると完全に固まるのでその後はヤスリで削るなどして音程調整。

更にC#、F#なんて殆どC、F位に低い。

もうおもいっきり穴を削ってしまいましたわ(^_^.)

絶対にこれだけはやりたくなかったんですけどね。

かなり削ったつもりなんですがそれでもまだ少し低い感じですね。

でも全体的にはかなり良い感じで下のDからオクターブ上のBまでの音域はほぼ合うようになりました。

とっても気持ち良いです。

過去に演奏した動画等、音が合ってないものは全て削除したいくらい(^_^.)

でわでわ(^_-)-☆