京都、アイリッシュパブフィールドで懐かしい再会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0261

今日は京都にあるアイリッシュパブフィールドでおこなわれたアイリッシュ&オールドタイムのライブ(Joke on the Puppy (old time stringband) & Usquebaughne(Irish))に行ってきました♪♫

という訳でライブの報告ですがそれまでに京都をウロウロしたのでその記事も(^_-)

京都に来たら先ず寄る事にしているのはこちら三条近くにある田毎(たごと)さん。

DSC_0217

お蕎麦のおいしいお店です。

DSC_0210

天トロ定食いただきました(*^_^*)

DSC_0211

お蕎麦はもちろん本格的!!

DSC_0212

とろろには明太子がのっててとても幸せになります。

明太子ファンなので。

DSC_0213

こちらは京都のお店なので奥に長く広がってるんですよね。

奥まった席はこういう中庭が見えてなかなかに風情があります。

DSC_0216

お食事後はお馴染みコイズミ楽器店に。

店内を徘徊し民族楽器って面白いなぁ~なんていつも通りの感想を持った後はいっぽどうさんに。

でももう直ぐ閉店と言うことで諦め他のお店に。

そしてこの日見つけた素適なカフェです。

まつは」さん。

町家を改造した素適なカフェです。

DSC_0245

落ち着いた店内は完全に居空間

DSC_0219

京都の旅を更にステキにしてくれますよ。

DSC_0225

DSC_0231

DSC_0233

DSC_0234

DSC_0235

私はチョコケーキを頂きました。

DSC_0237

少し暖めて頂いたケーキはとってもあっさりとしているのに濃厚

DSC_0242

渋みが無いのにとっても深いコーヒーと抜群のコンビネーションでした。

DSC_0243

お食事もリーズナブルな価格で良い感じですね。

今度はお食事にトライです。

DSC_0246

そしていよいよフィールドでのライブ

DSC_0248

お客さんも満員!!

DSC_0250

前が見えない(^_^.)

DSC_0251

何とかちょっと前に行ってみた。

最初の演奏はUsquebaughne(アスキボーネ)

原田さん(フィドル)、姫野さん(コンサティーナ)によるアイリッシュユニット

DSC_0253

メロディー楽器二台ですがそれぞれが伴奏的なラインも取りつつ合わせる処は合わせてかっこよくまとめているというなかなかに面白い構成。

伴奏楽器が居ないと出来ないよぉ~的なメロディー楽器弾きさんにはとっても参考になるのではないかと思いました。

DSC_0255

DSC_0257

そしてJoke on the Puppy の皆さんの演奏。

DSC_0258

個人的にこちらの皆さんにはホントお世話になってまして。

私の中学生のときからの大先輩です(爆)

オールドタイムやアイリッシュ系の音楽への道筋を作ってくれていた方々ですね。

DSC_0261

最初にお会いしたのは私が中学3年生位(^_^.)

ほぼ40年近く前になりますが。

井上ケンさんご夫婦がアメリカに行かれるまでの数年間は共通の知人のところでバンジョー、ハンマーダルシマーの情報&セッション飲み会三昧で。

そしてアイリッシュパイプを演奏するまで色々教えてもらったりしたものです。

詳しい話はまたの機会で。

そんなケンさんご夫妻が30年ぶりにアメリカから帰国してのライブでした。

盛り上がりましたねぇ~(*^_^*)

もうメチャメチャ楽しくて。

DSC_0262

そしてこのライブで嬉しかったのはオールドタイムのスピリッツを受け継ぐ新しい世代が日本でも出来ていたこと。

Joke on the Puppyと一緒に演奏しているベースその他の堤さんがとっても良い味出されていました。

こと日本だとアイリッシュ系のフィドラーは沢山居ますがオールドタイム系のカッコいいプレイヤーはホントに居ない。

というかこのJoke on the Puppyの方々が殆どと言う状態で・・・・・・

何故、注目されないかのわけもわからない自分ですがこれからはもっと広く受け入れられる時代が来るんじゃないかなぁ~なんて希望を持ってます。

そうそう、堤さんがFoot Danceされててマジ良いなぁ~なんて思ってます。

DSC_0264

近々ケンさんの奥さん、かずみさんがワークショックされるとの事なので楽しみです。

DSC_0265

DSC_0266

DSC_0267

そして最後はUsquebaughne(アスキボーネ)とJoke on the Puppyのセッションです。

オールドタイムチューンで始まりアイリッシュ(元々はスコットランドの曲ですが)を演奏、そしてそれがオールドタイム的に演奏されるとどうなるか。なんて感じのテーマで演奏されたセットでした。

DSC_0269

DSC_0270

DSC_0271

DSC_0272

セッションの様子。

いやぁ~熱い夜になりました。

熱いと言うか楽しい夜ですね。

自分はブルーグラス好きだったけど結局、オールドタイムからアイリッシュ。

そしてパイプは元々やりたかったスコットランド系やノーサンバーランドに落ち着き、音楽はオールドタイムに戻ってしまったのでこれからの皆さんの活躍がとっても楽しみです。

Usquebaughne(アスキボーネ)の皆さんもオールドタイム系の方々と此処最近では初めての同じステージに立った方々としてこれから幅広いご活躍も楽しみにしています。

メロディー楽器だとユニゾンで演奏できるのはあたりまえですが二台の楽器がそれぞれ役割を持ち演奏出来ると言うのは凄く可能性を感じますね。

それではこれからも良い音楽を!!

でわでわ(^_-)-☆

PS.
Joke on the Puppyはシャツのお店でもあります。
ステージで皆さんが着ていたシャツがそうですが。
ゴンチチの松村さんも愛用(^_-)-☆