動画:お気に入りカントリー系、女性ボーカルさんを貼ってみる(^^♪

シェアする

伝統音楽系のビシッと背筋が伸びる感じの歌も良いのですが普段かけてるのって大抵、もっとポップスな曲ばかり。

そんな中でもお気に入りのカントリー系、女性ボーカルを集めてみました。

カントリーって言っても殆ど普通のポップスですね。

女性ボーカル

Maybe April

最初はナッシュビルを拠点に活躍する Maybe April

3人が3人ともメチャ良い声しています。

コーラスもバッチリ

泣ける曲も沢山あってとっても気持ちいい音ですね。

ほらかなり良い感じだと思ってきませんか?

カントリー系も(^^♪

何故かカントリ―と言う呼び名だけで敬遠ししちゃう方が多いのがとても残念です。

Danielle Bradbery

本道カントリーの女性ボーカルって感じですね。

Danielle Bradbery(@daniellebradbery)   Instagram

Danielle Bradbery (@DBradbery)   Twitter

Danielle Bradbery – ホーム | Facebook

メチャ人気ですね。

Young In America

ええ感じのイントロです。

そのままの期待通りの展開で良いですねぇ。

The Heart Of Dixie

こういう曲に弱いんですよね。みんな。

そしてキメはバラード

Say Something

Danielle Bradbery

Cassadee Pope 

個人的には一番好きなノリの歌が多いのがこの Cassadee Pope 

曲の構成や歌詞、曲自体、それに楽器の使い方が過剰じゃなくて良いんですよね。

I Am Invincible

これはサビが良いですねぇ~~

最初のアレンジからだんだんと盛り上げていってからの。

歌詞も好き。

次はバンジョー、フィドル等、カントリー系の楽器を使ってますがとってもポップ

Wasting All These Tears

こちらも歌詞が良いですね。

あとサビの繰り返し語られるコードの流れが気持ちいいですねぇ~時々マイナーになるのが。

あと、楽器の使い方が凄く良くて間奏で簡単なリフをバンジョーで弾いてユニゾンでフィドルやその他の伴奏が厚みを付けるのはなかなかに良い感じ。

Sara Evans

ちょっと大人な感じが素敵ですよ。

要所要所に聞こえるマンドリンの音やスチールギターのバックはありますがそれでも普通の方にもおススメ。

A Little Bit Stronger

I Could Not Ask For More

ちょっと悲しい情景が浮かびそうなタイトルの曲。

とってもカントリーポップスですね。
Sara Evans : Words

Kelsey K

PVみてると歌よりもその髪の毛の多さに目が行ってしまいますね(^◇^)

でも曲は12弦ギターの音を効果的に使って且つかなりロックな仕上がりになってていい感じですよ。

Run Girl

Christie Lamb

今の時代のカントリー正統派って感じです。

Wish You Were A Cowboy

この曲良いなぁ~って思いますねぇ。

メロディーもコード進行も。

Maggie Rose

この方、なんか凄い凄く良いんですけど。

Body On Fire

この曲、打ち込みで作るならこういうの作りたいなぁ~って希望を持たせてくれる曲で。

オーソドックスだけどシーケンスフレーズやそれに絡むアコースティック楽器が抜群ですね。

というアレンジの話を先にしましたが曲とボーカルもピカイチです。

そんな彼女の魅力が存分に聴けるのがこのボーカルを多重録音しバックはピアノだけにしたアレンジの、

Love Me More

泣けますねぇ。

最後はライブで。

Preacher’s Daughter

こういうアパラチアンの風景が浮かぶオールドタイム的なノリの音はメチャ好きです。
Maggie Rose : Cut to Impress

Sarah Ross

Calm Before The Storm

此処まで来ると生粋のカントリー好きだとアレレ?って感じですが普通のポップス好きにはカッコ良い!!って感じだと思うんですけど。

個人的には好み。

次はでかいスーパーフライか?って思ったノリ。

You’re No Good

この方はカントリーに分類されていますが結構ロック寄りの方ですね。

最後はライブで。

Country Girl Anthem

Jana Kramer

個人的にはメチャ好み。

ハスキーなボーカル良いなぁ~

歌手と女優業で頑張ってますね。

Last Song

マイナーな音がワルツに乗って届けられたらそりゃグッと来ちゃいますよ。

何故かこの手の曲ってホラー映画のエンディング曲になってエンドロールで流れてるイメージが(;^ω^)

映画では主人公のお友達が何人も怪物に殺されたり食べられたりしてるのにエンディングは気持ちよくって感じ。

実際、バタリアン4にも出演していますしね。

次は女優としても魅力がちょっと見られる曲を。

I Won´t Give Up Music Video.

Whiskey


Jana Kramer

流石に映画系のPVになると演技が際立ってるし身体をはった演出はなかなかです。

男性ボーカル

女性だけにしようと思ってましたが男性も素敵なアーティストは居ますのでちょっとだけ(#^.^#)

Cole Swindell

Middle Of A Memory

You Should Be Here

タイトルからして泣かせますよね。

Cole Swindell

Rascal Flatts

なんかキャラが凄く可愛いんだけど時にはアップテンポでまたワルツ調で繰り出される歌はジーンと来ちゃうノリです。

私もこの方達は映画「カーズ」で知ったんですけどね。
カーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

個人的にはメチャメチャ好きなグループ。

ちなみにだいたいのPVが物語になっててそれぞれに泣けますね。

Yours If You Want It

Come Wake Me Up

そしてWhy

Why

最後はライブで

I Won’t Let Go


まだまだメチャメチャ沢山良いアーティストは居ますがこの辺で。

でわでわ(^^♪