ミュージシャンと体力-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歳をとると、昔出来てたことが出来なくなってくる事が増えてきます。

それは日常生活でもそうだから楽器を弾く事でも当然出てきますね。

特に体力勝負の楽器(バグパイプの類等)だとよけいにそうで。

もちろん楽器の調整等で体力に頼らないセットアップも出来るし演奏方法の工夫で対処できる部分もあるけど、それでもやっぱり体力を元に演奏するスタイルでは体力に左右されてしまうんですよね。
(※バグパイプに関しては大先輩、パイパー森さんのサイトにすばらしいパイパーの記事が出ています)

なのでそういう体力維持に関しては皆さんどうされてるのかなぁ~なんて思って。

それともみんな未だ若いからそういうことを感じないのかな?

以前、8ヶ月で30キロ程のダイエットした時、かなり筋力が落ちた経験あるので筋力低下に関しては凄く神経質なんです。

更に小池は最近、特に体力の衰えを感じてしまうことが多くなったので楽器の演奏に結びつくようなフィジカルな部分は鍛えてますよ。

で、次回はどんな感じでやってるのか書いてみたいです。