フリー でTAB(タブ)譜面作成に超便利なソフト紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブ譜面の作成

クラシック以外で弦楽器弾いてる人なら絶対にお世話になる譜面。

それはタブ譜だと思います。

でもそのタブ譜って結構書くのが面倒だったりしませんか?

譜面と同期させてタブ譜を記述するのって面倒だし。

という話の前に、

タブ譜面って何?

って方の為にすこしタブ譜の説明。

タブ譜って弦楽器で使用する譜面なんですが実際には次のようになっています。

サンプル

PTBファイル・ギターTAB譜 から参照

TABと書かれている部分がタブ譜なんです。

弦楽器の場合、同じ高さの音を出せるポジションが沢山あります。

例えばギターの場合、4弦開放のレの音は6弦10フレット、5弦5フレットみたいに。

だから通常の五線譜見てるだけだと記述されている音が弦楽器の指板上、どこを押さえれば良いかがわかりにくいんですよね。

なのでクラシックギターの場合は通常の譜面にどの位置を押さえるかなんて記号が盛りだくさんに記述されてたりします。

もちろんそれでも良いんですがそういう悩みを一気に解決する為に考えられたのがTAB譜なんです。

TAB譜の場合、難しいことは一切考えなくていいです。

横線は弦楽器の各弦を表し各弦を現す線の上の数字がフレットを表します。

つまり一番上の線(ギターで言うところの1弦)の上に0と言う数字が記述されていれば開放弦を3なら3フレットを押さえた事を意味します。

そしてリズムはたいていタブ譜と一緒に記述されている譜面を見るとわかります。

ほんとにこのタブ譜って一回使い出すと譜面を見るのがバカらしくなってくるくらい。

と言うわけでタブ譜作るのに便利なソフト

タブ譜って色々なアプリで作成したり出来るのですが小池のイチオシは何と言っても、

Power Tab Editor

Power Tab Editor

です。

殆ど全ての機能が入ってフリーってところが凄すぎます。

インストールから実際の使用方法に関してはあえて僕が書くまでもありません。

沢山の先人がとっても良い資料を残されているのでそれらのリンクを上げておきますね。

またこのPower Tab Editorを使用して作成したタブ譜も沢山存在していますよ。

Power Tab Editor関連のリンク

Power Tab Editor 簡単ガイド
Power Tab Editor 日本語化
Guitar Boys:Power Tabを使ってみよう
Power Tab EditorでTab譜作成
No-Brain Power tab editor(無料タブ譜作成ソフト)操作方法