オーディオインタフェースを新調(EDIROL UA-25 から M-AUDIO Fast Track Pro)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まではEDIROL のUA-25を使用していたのですが正直ファンタム電源入れた途端に入ってくるノイズがバカにならないくらいにデカイのが非常に気になってました。

これに関しては “UA-25 ノイズ”で検索するとたくさん記事が出て来るくらいに有名な状態で(-_-;)

初代、UA-25は完全に製品自体が失敗だったのかその後、UA-25EXが登場しそしてUA-25EXCWで普通の製品になったというなんかよくわからない経緯をたどっています。

EDIROL 24-bit USB Audio Capture UA-25EXCW

EDIROL 24-bit USB Audio Capture UA-25EXCW
デスクトップマイクスタンド ブラック MDS-1500 オーディオテクニカ ダイナミック型ボーカルマイクロホン プロテクトリング付き AT-X11

なのでUA-24は使い物にならずノイズの載らない?UA-24EXCWを知人から借りたりして使用していたのですが心機一転、

M-AUDIO プリアンプ搭載USBオーディオインターフェース Fast Track Pro MFTP

M-AUDIO プリアンプ搭載USBオーディオインターフェース Fast Track Pro MFTP
SANWA SUPPLY KB-MID01-18 MIDIケーブル SONY MDR-CD900ST SHURE 磨き抜かれた音質と高い信頼性を誇る、ダイナミック・マイクロホン。 SM58-LCE Logic Studio(NEW) audio-technica AT8309/5.0 マイクロホンケーブル

に新調しました。

個人的にはEDIROLファンだったのですがUA-25EXCW の前進である初代UA-25のあまりの出来の悪さに毎回泣きながら録音作業をしていたんですよね。

でも、M-AUDIO  Fast Track Pro はほんとに凄い。

この価格でこの音質は最高ですね、

もうびっくりするくらいの音質の変化。

ノイズなんてほとんど乗らないし(これが当たり前なのですが)

もう大大おすすめです。

今回の東方アイリッシュの録音でも大活躍でした。