D barさんでライブさせていただき色々所感

g2
11月22日は阪急茨木市駅近くにあるD barさんでライブさせていただきました。

詳しい演奏報告は近々、Ginger Mummy のサイトでご報告させていただきますので此処では色々な所感を。

g1,jpg

今回のライブはスコットランド、アイルランド、イングランドからの移民の方々がアメリカに渡りそこで定着するまでの軌跡に沿って選曲を行ってみました。

更に自分の周りの多くのアイリシュミュージック好きな方が殆どインスト志向なので私達は歌モノにかなり力を入れインストよりも優先し演奏するようにしています。

楽器はよく演奏するのに歌は殆ど聴かれない方も多いのであえてこういうノリでやってるのですが。

実際に演奏を聴かれる方、特に楽器を演奏しない方にいろいろお話を訊いてみたのですが正直、伝統音楽系のインストはよくわからない(^_^.)なんて声が結構多くって。

そりゃ件の調子でダンスチューンをガンガンやられたらわけわからないなぁ~って。

その路線から外れた今はかなり理解できる気もしますし。

もちろんそういう路線は大好きで否定しているのではないですが少なくとも自分がやってるユニットに来て頂いているお客様はそういうものはあまり求めていないみたいなのでもっとわかりやすい曲を主軸に自分がやりたいガツガツ系リール等は少しだけにするようにしています。

来ていただいているお客様の層にもよるのでプレイヤーが多い場合はインスト中心にプログラム組みますが。

演奏している場所にもよりますが(パブで演奏したことが無い)少なくとも私達のユニットにプレイヤーが来て頂いた経験無いので(爆)

やっぱり普段来ていただいているお客様を大事に考えて選曲しています。

ちなみに私が参加しているGinger Mummy ってことごとくアイリッシュ系の音楽やってるバンドって紹介されますが殆どやっていませんです(^_^.)

イングランド、スコットランド、北欧、日本の曲です。

という感じでこれからも聴いていただいている方、第一で皆さんが楽しめる内容をお送りしたいなぁ~と改めて思った次第です。

で、D barさんでのライブ反省点は色々あるんですがやっぱり以前にやった曲でも忘れてしまう率がかなり高いという事でしょうか。

いざ伴奏始めたらあれ?なんて事も実はあったりして(^_^.)

後は喋り過ぎかなぁ~

私、普段はお仕事モードで他の方の伴奏等をするのでその時は一切と言ってよいほど喋らないんですよね。

主役じゃないし。

でも自分の参加しているユニットだと喋りまくってしまっていつも時間がおしてしまいます。

もっと端的にまとめないと・・・・・

と言うわけで反省会はこの辺にしてライブ当日ですが金子鉄心さんもお店に来ていただきちょっと飲んでました。

私は飲みませんがそれでセッションを。

鉄心さん良いキャラです。

みなさまありがとうございました。