バンジョーの買い方、弾き方、選び方、値段等 概要まとめ

シェアする

    ba111

    バンジョーを弾きたいと思ったあなた。

    その気持ちを忘れずに(*^_^*)

    バンジョーはとっても応用力のある楽器で色んなジャンルの音楽にも使えます。

    さらに超高度なテクニックを使った演奏から簡単なバッキングまでレベルに合わせて嫌味無くこなせる楽器でもあります。

    そんなバンジョーの魅力を少しご紹介。

    先ずバンジョーの歴史や構造に関しては 5弦バンジョー で解説していますがこちらでもかいつまんで説明していきます。

    先ずこちらのサイトに来られているという事はどこかでバンジョーを見かけたりその音を聴いて興味をもたれたと思いますが同じ様に見えるバンジョーには色々な種類や使用されている音楽によってその構造が特化され使用されています。

    もちろん使用するジャンルを跨いで他のジャンルで使用しているバンジョーを使用することも出来ますがやはりそれなりのテクニックが必要になってくるので最初はそのジャンルに適したバンジョーを選ぶことが大切かと思います。

    という訳でバンジョーが使用されている音楽とその音楽で使用するバンジョーについて少し説明しますと。

    ブルーグラス

    歴史

    アメリカ発祥の音楽でアメリカのアパラチア山脈西南部に移民してきたアイルランド、スコットランドの人達が持ち込んだ音楽をベースに1940年台に マンドリン奏者、ビル・モンロー率いるブルー・グラス・ボーイズが始めた音楽です。

    それまで主流だったオールドタイムミュージックでは基本、バンドで同じ曲をユニゾン演奏(同じメロディーを一緒に演奏すること)するのですがブルーグラスでは各楽器がソロ回しを行いそれぞれの楽器の見せ場を作ります。

    ジャズのセッション風ですね。

    基本は歌物中心の音楽ですがその間奏などは各楽器が持ち回りで技を披露しますよ。

    更にインストも盛んで各楽器の見せ場にもなっています。

    先ずは動画を。

    このブルーグラスボーイズに最初に参加したのがアール・スクラッグスというバンジョー奏者で彼が今日のブルーグラスバンジョーの基本的な奏法を完成させたといわれています。

    実際には当時、同じ様な弾き方をする人は何人か居ましたが。

    一応、彼が一番の功労者という事で彼の名前がその演奏法に付けられています。

    そのアール・スクラッグスはこういう演奏方法。

    スクラッグス奏法と呼ばれる親指、人差し指、中指に鉄のピックを装着し高速で動かしているアルペジオの中にメロディーと伴奏の音を取り混ぜて演奏します。

    fp1

    親指には金属ではなくべっ甲やプラスチックのサムピックを使用する方が大半ですが。

    sa1

    ちなみに金属製のフィンガーピックですがこれは自分の指の大きさに合わせて閉じたり開いたり削ったりして調整しますよ。

    このあたりのノウハウは色々ありますがもしお困りならコメントいただければお答えします。

    実際の演奏はTAB譜だとこんな感じになりますね。
    tab1

    難しそうですが慣れると早く動く様になりますよ。

    スクラッグススタイルの聖典としてはこの本ですね。

    私も40年近く前に購入しました。

    ba3

    そして暫らく時代が進むとメロディック奏法という演奏方法がこのスリーフィンガースタイルで演奏されるようになってきます。

    TAB譜だとこんな感じになりますね。
    tab2

    要はスクラッグス奏法では演奏できなかったスケールをアルペジオパターンの中に織り込んで演奏しちゃう方法です。

    こちらはスクラッグス奏法に比べると難易度が上がります。

    均等に各弦の音を出し且つ滑らかに音をつなげるように演奏しないと行けませんので。

    おススメメロディックスタイル本を幾つか。
    mb1 mb2 mb3

    実際にはスクラッグス奏法をベースにクロマチック奏法が所々で使用され更にシングルストリングスタイルやギャロッピングスタイルなんていう色々な奏法が取り混ぜて演奏されます。

    バンジョーの総合的な演奏法としてはこのDVDがおススメ。
    bg1

    一通りの演奏法が解説され更にかなり上級者のテクニックにも解説がなされています。

    今から40年近く前の動画ですがスクラッグスから数十年で此処までモダンになってますね。

    更に現代ではもっとモダンなスタイルで演奏されるのが普通。

    ブルーグラスはとっても刺激的でカッコいいアコースティックミュージックだと思います。

    今は日本で演奏されている方は結構、高齢(爆)になってるので若いあなたの参加をお待ちしています(^_-)-☆

    ちなみに高齢者も若者を苛めないでね。

    使用するバンジョー

    所謂一般的に出回っている5弦バンジョーになります。

    こちらで使用する5弦バンジョーはリゾネーター(音を大きくする為に本体の裏に取り付けられた盆)を持ちトーンリング(バンジョの本体とヘッドの間に取り付けられた金属の輪)を持った楽器になります。

    ban1-256x468

    選択の基準ですがいくつかのポイントがありますよ。

    • ボディーその他の材質
    • トーンリングの形状
    • 見た目
    • 音色

    例えば低価格の物、例えば3万円台のものだとボディー(リム)が木材ではなくアルミ材で出来た薄い板だったりします。

    それはそれでそういう音を求めているのなら良いですがブルーグラスで使用するなら安くても木材で作られたリムの物が必要なんですよね。

    なぜなら木材のリムでないとちゃんとしたトーンリングを装着する事が出来ないからです。

    トーンリングはバンジョーの音質、音量を決める超重要なパーツでこれの有る無し。またはその構造により音質が全く異なったものになります。

    ブルーグラス用のトーンリングには大きく二つの種類があります。

    フラットトップとアーチトップです。

    フラットトップはこの様な感じです。

    ban3-468x337

    いっぽう、アーチトップはこの様な形になっています。

    ban4-468x339

    白いヘッドの内側に影がありますよね。

    これはトーンリングがヘッドを持ち上げる構造になっててヘッドの面積を少なくしています。

    その為、音量的にはフラットヘッドよりも少し劣る事が多いのですがその分、高音が強調されたパキパキとした音になります。

    この辺りは実際に自分の耳で聞き比べるとよくわかるかと思いますよ。

    更に同じ形状のトーンリングでも使用している材質やリムとの密着方法、トーンリングの切り出し方法等でこれまた音が全然変わってくるんですよね。

    それで沢山のメーカーがあるわけです。

    後、見た目に関してはインレイ(指板やヘッドに施された彫刻)の種類やヘッドの形状など色々好みがありますね。

    国内で簡単に手に入る一覧をあげてみると。

    超入門用

    30,000円台
    ARIA アリア 5弦バンジョー REMO Banjo Head SB-10
    41ulICN58dL._SY400_

    所謂、アルミボディー、トーンリング無しのショボショボ仕様ですね。
    (※私も使っていますが(笑))

    続けるかどうかわからないのにそんなに大金出したくない!!

    もうこの音質でも文句は言いません!!

    って覚悟があるのならおススメです(爆)

    私はブルーグラス用のバンジョー2台とオープンバック1台持ってますがバグパイプとギターと一緒にそんな重たい楽器持ってライブに行きたくないのでこの楽器を使ってます。

    アルミなので非常に軽い(^_-)-☆

    ついでに音も羽が生えてるように軽い。

    でもね、でも達人にかかればこんな感じです。

    要はピッキング次第でなんとでもなりますという良い例ですね。

    あと、私もこのバンジョーに関しては記事を書いています。

    そろそろバンジョー始めましょうか (^^♪

    よろしければ見ていただければ。

    真面目に入門用

    80,000~150,000円台
    Recording King 「RK-R37-SN “The Madison”」
    ba111

    木製リムにトーンリング付き。

    ヘッド形状の好みはあるかと思いますが実際に触った感じではそれなりに音もでますし暫らくは使えると思います。

    暫らくというのは大抵、バンジョーを演奏し始めて数年すると好みのバンジョーを求めて散財の旅を始めるパターンが多いので(^_^.)

    入門から普通に使用出来る物

    150,000~200,000円台
    Gold Star 5弦バンジョー マホガニー Hearts & Flowers GF-100HF

    31BI5di9nJL._SY400_

    普通に使用されていますよ。

    ギブソン等のブランド物を除いた量産品だと結構使われている帯域の物ですね。

    音も前に出てきますし弾きやすいですよ。

    私も一時期持ってました。

    ずーっと使用できる物

    200,000円台以上
    DEERING BANJOS”The Golden Wreath”

    img54757454

    正直、楽器って上を見ればキリがありません。

    もちろんバンジョーもそうなのですが。

    国内で購入できるバンジョーで良い品質になるとこの辺りになりますね。

    これ以上になると海外のビルダーに直接頼むかebay等のオークションでオールドやレア物をゲットするかですね。

    オールドタイム

    歴史

    アメリカ発祥の音楽でアメリカのアパラチア山脈西南部に移民してきたアイルランド、スコットランドの人達が持ち込んだ音楽をベースに語り継がれている音楽です。

    その一部はブルーグラスへと進化していますが現在でも演奏され続けている音楽です。

    音楽的にはアイルランド、スコットランドと同じ様に各楽器がユニゾンで演奏し盛り上げていく音楽です。

    ただアイリッシュ、スコティシュ系が数曲をメドレーで演奏しそのセットに変化を付けたりするのに対しオールドタイムでは同じ曲をひたすら演奏しながら場を盛り上げて行くような音楽になります。

    この辺りは好き嫌いがあるかもしれませんが私は大好きですね。

    先ずは動画を。

    注目はバンジョーの弾き方が先ほどのブルーグラスの時とは全く違ってる事。

    多分どうやって演奏しているのか全くわからないと思いますがこれが伝統的なバンジョーの演奏法の一つでフレイリングやクローハンマーと呼ばれる演奏法です。

    フレイリングとクローハンマーは明確には使い分けをしないといけませんがここではあえてクローハンマーとして話を進めます。

    クローハンマーとはくぎ抜きの事なのですがバンジョーを演奏するときの手の形がくぎ抜きみたいになってるからこの名前になって見たいですね。

    TAB譜だとこんな感じになります。

    bantab1-468x302

    実際にゆっくり解説している動画ならこちら。

    普通はこんな動きして弾く楽器は無いですよね(^_^.)

    おススメのクローハンマースタイル本を幾つか。

    Clawhammer Banjo
    mk1
    こちらの本は心底おススメします。 個人的には歴史に残る名チューターだと思ってます。
    凄く高度な内容ではないですがクローハンマースタイルのエッセンスが詰まりまくってますね。

    クローハンマースタイルにもスリーフィンガースタイル同様メロディックスタイルがあります。

    Melodic Clawhammer Banjo: A Comprehensive Guide to Modern Clawhammer Banjo
    me2
    簡単なメロディックスタイルから始まりかなり高度なフィドルチューンまで掲載されています。

    わたしも持ってますが時々開いてはあらたな発見をしています。

    使用するバンジョー

    先程、ブルーグラスて使用されている5弦バンジョーを使用することも出来ますがやはり専用の5弦バンジョーを使いたいですね。

    こちらで使用する5弦バンジョーはリゾネーター(音を大きくする為に本体の裏に取り付けられた盆)を持たないオープンバックと呼ばれるタイプになります。

    est1

    さらにブルーグラス用のバンジョーに装着されているようなトーンリングではなくやはりオールドタイムに適したトーンリングが装着されているタイプになりますね。

    オールドタイム用としてはVEGAというブランドのバンジョーに装着されていたチューバホーンという形状のトーンリングが有名です。

    もしブルーグラス用のバンジョーを流用するなら以下の様にセットアップすると良いですよ。

    先ず普通のグルーグラス用のバンジョーを持ってきます。

    DSC_0043

    先ほど登場のSB-10ですが(^_^.)

    リゾネーターを取り外す。

    DSC_0045

    これによりバンジョーの音が丸くなり複数の弦が同時に鳴らされてもうるさい感じが無くなります。

    DSC_0049

    音を更に丸くする。

    本体の裏側にタオル等を詰め響きを吸い取ります。

    結果的に音が小さくなりますがイメージ的には音を小さくするのではなく余計な残響を取る感じでしょうか。

    タオルを詰める場所によってかなり効果が違いますので試行錯誤してみてくださいね。

    ネックのジョイント近くは音が大人しくなりおすすめの位置

    DSC_0050-468x341

    ブリッジの下だとかなり音が小さくなります。

    とくにタオルとブリッジがヘッドを介して引っ付いちゃうくらいにきつく詰めるとブリッジにミュートを装着した位の音になってしまいますよ。

    特別な効果を得たい時等にはお試しを。

    DSC_0051-468x402

    このバンジョーは中に走っているロッドが1本なのですが今日的なブルーグラスバンジョーだと2本ってのが多いのですがその2本の間にタオルを入れるやり方です。

    するとサスティンのみ吸収された感じになり音を録る時等には良い感じになりますよ。

    DSC_0052-468x391

    そうそう!!

    リゾネーターを外したらその外したネジはリゾネーターに装着してから置いておきましょう。

    そうしないとこのネジだけどこかに行ってしまうことがよくあるので(^_-)

    DSC_0048-468x293

    本題のオールドタイム用バンジョー選択の基準ですがブルーグラス用のバンジョー同様、幾つかのポイントがありますよ。

    • ボディーその他の材質
    • トーンリングの形状
    • 見た目
    • 音色

    例えば低価格の物、例えば3万円台のものだとボディー(リム)が木材ではなくアルミ材で出来た薄い板だったりします。

    個人的にはこのアルミボディーの安っぽい音も有りかと思います。
    実際、この価格帯のバンジョーを使っている人も多いです。

    高級品になるとオールドタイム用バンジョーのスタンダードとなっているVegaのホワイトレディーというモデルに装着されていたチューバホーンと呼ばれるトーンリングを持った物になってきます。

    もちろん本物はベガのホワイトレディーですがそのチューバホーンを真似たトーンリングを装着したバンジョーが各社から発売されています。

    国内で簡単に手に入る一覧をあげてみると。

    超入門用

    30,000円台
    Blanton オープンバックバンジョー BB-10

    314u7mAayaL._SY400_

    こちら人が持ってるの触らせてもらったことありますが先に登場したARIA アリア 5弦バンジョー REMO Banjo Head SB-10のリゾネーターを取ったものって感じですね。

    ちなみに私が持ってるのはARIA アリア 5弦バンジョー REMO Banjo Head SB-10ですがそのリゾネーターを外しこのモデルと同じノリにして使用しています。

    もちろん音はペラペラ。

    でも先に登場した動画のお兄さんもほぼこの手のバンジョーと同じクラスのバンジョー使っているようですが素晴らしい演奏されてますね。

    要は遣い方次第って感じでしょうか。

    個人的にはこのペラペラ音質好きですよ。

    こんな感じの音になりますね。

    ほら、使い方次第で戦力になりますよね。

    真面目に入門用

    40,000~150,000円台
    Rover(ローバー) 「RB-110 5-string Openba…

    rov-rb-110-5sobbj
    木製リムに真鍮ワイヤーのトーンリング付き。

    個人的にはこのバンジョー凄く好きです。

    実際に弾かせてもらいましたが欲しいなぁ~って思いました。

    価格と音のバランスが凄くよくて。

    良い感じに鳴りますし何よりとても演奏しやすいですよ。

    個人的にオープンバックなら強力におススメします。

    ヘッドがブルーグラスっぽいですけどね(^_^.)

    動画もありましたよ。

    入門から普通に使用出来る物

    150,000~200,000円台
    EASTMAN 《イーストマン》 Openback Banjo EBJ-WL
    est1

    このバンジョービックリするくらいの出来です。

    本物的な音ですし何より本物よりもよく鳴ります(^_^.)

    音が大きくて。

    コピーなのですが上手く出来過ぎてますね。

    軽くタオルをつめた位がちょうど良い鳴りになりますよ(^_-)-☆

    ホントに。

    私も欲しいです。

    ずーっと使用できる物

    200,000円台以上

    ※残念ながら今はこのバンジョー国内に入っていないみたいですね。

    Huss&Dalton-HUSS&DALTON 《ハス&ダルトン》 Singletree

    img65010727

    スクープタイプのネックを持った鳴りが抜群のバンジョーです。

    あと、この価格以上になるとビルダーに直接作って貰っても良いかと思います。

    世界中では個性的なオープンバックバンジョーが沢山作られていますよ。

    オープンバックバンジョーメーカーを探す

    アイルランド、スコットランドの伝統音楽系

    歴史

    アイルランド、スコットランド等のブリテン系の伝統音楽でもバンジョーが使用されています。

    使用されているものは5弦ではなく4弦のバンジョーでテナーバンジョーと呼ばれています。

    ただしデキシーランド系の音楽で使用されているテナーバンジョーではなくもっと弦長の短いものです。

    そのあたりの説明は5弦バンジョーのページで行っていますが簡単に説明するとアイリッシュ系で使用するバンジョーはそのチューニングをフィドルの1オクターブ下に調弦(GDAE)しフィドルやマンドリンと同じ様にひたすらメロディーを演奏します。

    その為、所謂デキシーランド等で使用されているコード中心の演奏ではなく単音での演奏になり且つフィドルと同じ様にメロディーを弾く必要性がある為、弦長の長いタイプだと弾きにくくなります。

    それで大抵は弦長の短い19フレットで本体とジョイントされているバンジョーが使用されています。

    先ずは動画を。

    基本はフラットピックを用いたメロディー弾きになります。

    ただ特徴的なのはアイルランド系の音楽で使用する各種装飾音をフラットピックのピッキングだけで再現しようとしているところです。

    これらはトリプレットなんて呼ばれています。

    例えば、

    3:20秒あたりをみるとトリプレットが何か良くわかると思いますよ。

    おススメのアイリッシュ系バンジョー教則本を幾つか。
    The Complete Guide to Learning the Irish Tenor Banjo

    51yfNrv257L._SY400_

    私も持ってますがなかなかに良いです。

    もし動画で観たいのならこちらのDVDかなぁ。

    Absolute Beginners: Irish Tenor Banjo [DVD] [Import]
    ab

    ただしホントに初めてバンジョーを持つ人の為って感じなので既に幾つか楽器が弾ける人にはこちらのDVDの方が良いかと思います。

    Irish Tenor Banjo Complete Techniques [DVD] [Import]
    cpt

    アイリッシュ系の音楽をやってるとどうしても必要なスキル。それは数多くの曲を知っている事なんですよね。

    長年この音楽やってたら自然と曲を覚えますが最初は覚悟決めて今年中に50曲なんて感じで覚える時期があっても良いかと思います。

    そんな時に役に立つのが曲集本。

    今日、ネットでは曲名で殆どの曲は検索できますが手元に本があるとそれを少しずつ制覇していく楽しみもあったりするので今でも曲集は重要なアイテムだと思いますよ。

    50 Solos For Irish Tenor Banjo
    50solo

    私も持ってますが半分位は制覇しましたよ(^_-)

    使用するバンジョー

    アイリッシュ系で使用されているバンジョーはショートスケールのテナーバンジョーです。

    入門用

    30,000円台

    ブラントン Blanton/テナーバンジョーBT-10【ブラントン】
    btt

    スケールが少し長いですが普通にアイリッシュ系の音楽でも使用できます。

    音はやはりペラペラですが移動の多い屋外での持ち運びやギネスがこぼれてきそうなパブにもって行くのには良いかと思いますよ。

    ずーっと使用できる物

    200,000円台以上

    正直、テナーで10万以下になるとあまり国内で手に入れることって出来なくて大抵、海外からの直接取り寄せって感じになりますね。

    国内で購入できるテナーとしてはこれ等は最高品質で且つアイリッシュ系の音楽に絶対的に最適って機種ですね。

    Deering Boston 17-Fret Tenor17フレットテナーバンジョー【テナー】【バンジョー】【送料無料】
    imgrc0066923364

    私は持っていませんが楽器屋さんで弾かせていただきました。

    スケールが17フレットなのでメチャメチャ弾きやすかったです。

    ほぼマンドリン感覚ですね。

    なのに弦のテンションが高くないので普段よりもかなり早いピッキングが可能で。

    とても自分が上手くなった様な気にさせてくれるバンジョーです。

    実際、このバンジョー使うと他ではしんどいフレーズも上手く弾けるんですよね(^_^.)

    あと個人的によく使用しているメンテ方法を少し。

    これは巻き弦には使えませんがスチール弦で且つ表面がコーティングされていない弦の場合によくやってます。

    バンジョーの場合は金属製のピックと弦があたるので特に必要なケアかと思ってます。

    フィンガーピックを装着してからバンジョーを演奏していると弦とピックの摩擦でかそれぞれの表面にゴミ状の膜が出来るのか滑らかに演奏できなくなってきます。

    音も濁りますし。

    そんな時にはこの方法。

    金属磨きのピカールの登場。

    41AWlN9m36L._SY400_

    適量をティッシュにたらし、

    DSC_00531-468x297

    弦を磨きます。

    suris1

    ピックのほうも。

    DSC_00651-468x272

    こんな感じでかなり汚れています。

    DSC_00631-438x468

    そして弦やピックに付いた残りのピカールは綺麗に完全に拭き取ります。

    そして演奏してみてください。

    もう新品以上に綺麗な音質に生まれ変わってますので(*^_^*)

    以上、私の知っているバンジョーに関する情報ですが少しはお役にたてたでしょうか?

    残念ながらデキシーランド系のプレクトラムバンジョーに関しては基本的な事項位で記事に書くほどの知識はありませんので此処では自重しておきます。

    バンジョーですが弾いててホントに楽しい楽器です。

    見た目はコミカル?ですがでも表現できる幅はとても広いし色々な音楽にも使用できますし。

    如何でしょうか?


    『バンジョーの買い方、弾き方、選び方、値段等 概要まとめ』へのコメント

    1. 名前:素朴な音色のするアメリカの弦楽器『バンジョー』打ち込み方法まとめ 投稿日:2016/05/05(木) at 18:05:42 ID:7f9d651cb

      […] ■バンジョーの買い方、弾き方、選び方、値段等 概要まとめ […]

    2. […] バンジョーの買い方、弾き方、選び方、値段等 概要まとめ […]

    3. 名前:そろそろバンジョー始めましょうか (^^♪ | Pipers Caffe 投稿日:2016/07/25(月) at 00:45:40 ID:e97946f4c

      […] バンジョーの買い方、弾き方、選び方、値段等 概要まとめ Banjo Banjo(バンジョー)の買い方 […]

    4. […] バンジョーの買い方、弾き方、選び方、値段等 概要まとめ […]

    5. 名前:ページが見つかりませんでした – Pipers Caffe 投稿日:2017/01/22(日) at 13:23:36 ID:84043e8f7

      […] バンジョーの買い方、弾き方、選び方、値段等 概要まとめ […]