新しいNSP(Northumbrian Small Pipes)が到着してワクワク(^.^)

みんなに紹介してみる

色々バタバタしていましたが先週、やっと届きました。

※上がF、下がGのセット。

今回手に入れたのはキーがGのモノ。

普通、NSPのキーはFなのですが最近はGもよく使われています。

理由は他の楽器と一緒に演奏出来るからなんですが。

実際に触ってみるとメチャメチャ小さい。

DSC_0002

上の写真だと右がFで左がGのセットなんですがチャンターに空いてる穴を観ていただくと分かりますが物凄く密集しています。

慣れるまでちょっと時間がかかりそうです。

未だ左手の小指を使う、2オクターブ目のAの音を出すのに苦労しています。

DSC_0012

付いているキーはFセットが17、Gセットは7つ。

DSC_0005

Fセットが2オクターブのフルクロマチックなのに対してGはDからBのほぼホイッスルと同じダイアトニックです。

なのでちょっと小難しい曲の時はFを使う事が多い感じかも。

DSC_0006

バックの柄は何も考えずにOKしたらこういう感じになってしまって(^_^.)

ちょっと玩具チックな感じ。

DSC_0007

FとGではチャンターのキースタイルが違います。

DSC_0009

もう少しして慣れたら動画アップしてみます(^_-)


コメント

  1. ナカツイ より:

     おめでとうございます。良いですねチェックのカバー。全然安っぽくないですよ。G管はエボニーですか?縞々が見えますね。美しい。

  2. ピキ次郎 より:

    キーも少ないし、G管の方が弾きやすそう。アイリッシュでD管慣れしてるってのもあるし。
    玩具っぽいけど実は本格派っていうギャップが良いですね~(^^♪

  3. こいけさん より:

    > ナカツイさん
    今回のパイプはバックも合成バックでカバーもチェックなので持った感じは中身の無い枕みたいな感じでした(笑)
    今は気持ち的にだいぶなれましたが。
    エボニーみたいですね。
    縞目も見えますので。
    でも使ってると色々不都合が出てきたので今週末に色々手を入れる予定にしています。

  4. こいけさん より:

    > ピキちゃん
    確かに他の楽器と一緒に演奏できると言うのはなかなかに魅力ですね。
    またあわせてやってくださいね。