Celtic Colours International Festival からお気に入りを No.1

アイリッシュのみならずフォーク系やJazzっぽいユニットまで幅白く登場するCeltic Colours International Festivalって個人的にはずーっと観てても飽きないんですよね。

そんな中でお気に入りを幾つか。

先ずはオジサン世代にはDolores Keane & John Faulknerでおなじみの曲ですが

Ye Vagabonds live at Celtic Colours International Festival

若々しい感性だけどしっかり受け継がれている感が良いですねぇ~

次は弦楽器でガッツリと。

個々のメンバーはスコットランド系のミュージシャンとよく一緒に演奏されている方々ばかりで。

ギターとマンドリンのお姉さんがお気に入りです。

Kinnaris Quintet live at Celtic Colours 2019

次はこれまたオジサン世代にはグッと来ちゃうDougie MacLean 。

最近はあまりフィドル弾いてくれませんが歌も演奏も抜群ですね。

そして一緒するのは Tony McManus。

こちらも私の大好きなギタリストであります。

Dougie MacLean with Tony McManus live at Celtic Colours International Festival 2016

次はハイランドパイプをフィーチャーしリズムを強調したハイブリッドなユニット。

お馴染みの曲のメドレーですがアイリッシュ系とはまた違った重量感が良いなぁ~って感じです。

Slàinte Mhath live at Celtic Colours International Festival

こちらは個々のメンバーは結構いろいろな所で活躍している人たちですがこのユニットでも長い活動をしています。

このシーケンスフレーズ的なハイランドパイプの音に乗ったボーカルが最高ですね。

Breabach live at Celtic Colours 2019

そしてちょっと以前にもご紹介しましたが J.P. Cormier & Tim Edey のお二人。

もう楽器で遊んでる感が半端なくて言葉が無い位です。

J.P. Cormierさんってホント、あらゆるジャンルのアコギミュージックを演奏されますね。

ここではアイリッシュ系ではあまり居ないアコギでのフィドルチューン演奏を抜群のテクニックでされています。

J.P. Cormier & Tim Edey – Celtic Colours Guitar Summit 2010

次はモダンアレンジなゲール語の歌。

こういうノリはホントに好きですねぇ。

Mary Jane Lamond & Wendy MacIsaac live at Celtic Colours International Festival 2014

次は私の大好きなパイパー二人の演奏。

この疾走感、最高!!です。

Brìghde Chaimbeul, Ross Ainslie & Steven Byrnes live at Celtic Colours

2曲めはRoss AinslieさんオリジナルなのですがBパートが変拍子でなかなかに面白いですね。

ちなみに自分が組んでるユニットでもレパートリーにしています。

まだ上手く弾けないけど(^_^;)

最後は映像的にとても好きなステージです。

ドキュメンタリーや映画のワンシーン的な。

The Dance Set – Celtic Colours International Festival 2016

というわけでまだまだ素敵な演奏は沢山ありますが今回はこの辺りで。

でわでわ(*^^*)