憧れの弦楽器、バイオリン(フィドル)でも今はとても始めやすくなっていますね

バイオリン(Fiddle)

概要

クラシック系の話は書けません。専門外なので(;^ω^)

あくまでもアイリッシュ、オールドタイム系の音楽に関してだけ。

バイオリンもフィドルも同じ楽器。呼び名が違うだけって感じでしょうか。

実際はフィドルとして演奏する場合、民族音楽特有の奏法がやり易い様に楽器の調整をしたり長時間の演奏が楽なように弦高低くされている方も多いですね。

ただ庶民的な呼び名としてはフィドルが定着しています。

屋根の上のバイオリン弾き」 も原題は 「Fiddler on the Roof」 ですし。

そんなフィドルですが大人になってからも地道な練習と良い音楽を沢山聴いて沢山練習すれば上手い人になれるかと思います。

実際にそういう人をたくさん知っていますので。

難易度  ★★★★★

正直難しいです。

フレットは無いし音を出すのは弓を操作しないといけませんし。

沢山の課題が目の前に立ちはだかっています。

でもあきらめずに練習すればちゃんと弾けるようにはなるかと思いますが・・・・

後はあなたの頑張り次第でしょうか(^^♪

今なら良い本も出ていますよ。

アイリッシュフィドルの教則本なら絶対にこれがおススメ!

オールドタイムフィドル

イングリッシュチューンに興味が出たら先ずはこの本から

酷使する身体の部位

弦を指で押さえるので慣れるまで少し痛いかと思います。

また演奏フォームが普段は絶対にしない様な動きになりますので慣れるまでは肩が凝ったりするかもしれません(^-^;

バイオリンを押さえるあごのあたりがちょっと色が変わったり硬くなったり(^-^;

価格

20,000 ~

アイリッシュやオールドタイムの演奏をするなら正直ちゃんと調整された10万以下、場合によっては4万位の物が良いかと。

何故なら暑い夏の屋外で数回演奏するとまともな楽器はメンテナンス行きになってしまいます。

ですので何十万、何百万もする高価な楽器は必要ないかと思います。

鈴木 アウトフィット バイオリン No.230 4/4

もっとチープな楽器も有ったりします(;^ω^)
Andoer 4/4 フルサイズ セット アコースティック バイオリン ヴァイオリン 純木 カエデ 初心者/学生対応 気軽に演奏♪

始め方

独学は大変です。

アイリッシュならアイリッシュ。ブルーグラスならブルーグラスの先生に習った方が良いかと。

ただし基礎的な弓の使い方、弦の押さえ方は共通していますので基礎をクラシックの先生に習ってからその後、自分の好きな音楽の先生に習うのが良いかもしれませんね。

参考動画等

スコティッシュ

ブルーグラス

今はすっかり大人になっていますが若いころのAnnieさんです。

オールドタイム

Andoer 4/4 フルサイズ セット アコースティック バイオリン ヴァイオリン 純木 カエデ 初心者/学生対応 気軽に演奏♪

それでは(*^^*)