大人になってから楽器を始める場合のおすすめを。初心者でもOK。後は安く楽器を手にいれる方法も。でも民族楽器ばっかりだけど(;^ω^)

こんにちは、楽器弾いてますか?

って普通は弾いてませんよね(*^^*)

ただ、こういうサイトをやっていると定期的に質問が来ます。

そう、よく質問が来るんですよ。楽器に関しての。

なのでこれだけ書いておけば良いかなぁ~ってのを作ってみました。

これからも更新していく予定です (^^♪

かなり長い記事になったので目次も付けておきますね(^^♪

お好きなところから読んでいただければ。

よく来る質問

一番よく来る質問は。

大人になってから楽器を始めるのは難しいですか?

って質問。

でもこれって特定の楽器についての話ならまだ良いんですが

どんな楽器が良いと思いますか?

とか言われる事もありまして( ´∀`)

それはわかりませんねぇ f(^_^;

だってあなたの事も好みもどんな音楽聞いてきたのかも経済状態も何もしりませんからね (;^ω^)

更に

もう楽器を始めるには遅いですか?

って質問もよくありまして。

確かに心配になりますよね。 もし始められるのなら。

でも逆に質問させてもらってます。

何が遅いんですか?

って。

楽器を始めるのが?

では、

いつなら早くていつなら遅いんですか?

ん~思うんですが

何事も始めなければ はじまりませんよね?(*^^*)

要は自分がやりたいと思った時が始め時!!

語学だってそうですし。仕事もそう。

ってお答えするようにしています。

すると今度は

弾けるようになるか心配なんです。

なんて言葉が。

ん~やってみないとわからないですよね。

それにバリバリに楽器を弾いてる感のある人でも自分では納得していない事が殆どだと思います。

と言うことは楽器っていつまでたってもマスター出来ないんですよね。

多かれ少なかれ完全に楽器の事をわかって弾いてる人は居ないと思いますし。

皆、悩んで試行錯誤しながら日々練習しているみたいな。

と言うわけで質問の、

弾けるようになりますか?

については、

通しで曲を演奏出来るようになることを弾ける様になる。 

と定義するとどの楽器を選択しても、練習さえ地道にやれば必ず弾ける様になるかと思います (^_-)

ってお答えしています。

とにかくずーっと練習は続けていかないといけませんし。

それが楽しくなってきますからって(人によりけりかな(笑))

で、次に多いのが

今から楽器始めてそれで飯が食えますか?

って質問で。

ん~難しいですね。でも何で楽器で飯食いたいのかよくわかりません(^-^;

飯のタネなら楽器みたいに割の合わない事するよりセドリでも真面目にやれば稼げますよ(^-^)

何故楽器を演奏するのかは楽しいからとかお金とは関係無いところで出てくる気持ちが大切かと思いますね。

と言うことを差し引いて書いてみますと。

自分がかってどっぷり浸かってたアイリッシュ系の音楽だと大人になってから楽器を始めてプロとしてやってる人を何人も知っています。

ただしクラシックでは知りませんけど。

この辺りは音楽のジャンルによりけりだしニッチなジャンルを狙えば可能なのかも知れませんね。

目指せオンリーワン!!です( ´∀`)

競争相手の居ないところでガツンとやれば。

ではどんな楽器が良いんですか?に関する情報として自分が実際に手にした楽器でわかる範囲で書いてみますね。

かなり片寄ってるので参考になるかは保証しませんけどf(^_^;

先ずは幾らやりたい楽器があっても自分が持ってる条件や制約を考えないと変な選択してしまいますよね。

なのでそれに関して。

 

勝手に場合わけおすすめ楽器(^-^;

楽器を始めるにあたっては色々な条件を考えておかないといけないですよね。

予算が無ければ高い楽器は購入できませんし直ぐに音を出したいのに最初の音を出すだけでも苦労していたら意味ありめせん。

私が思う条件はこんな感じでしょうか。

  1. お金をかけたくない
  2. あまり練習で苦労したくない(とにかく楽したい)
  3. 目立ちたい
  4. 弾き語りもしたい

と言うわけで後半に説明している楽器をそれぞれに当てはめてみると。

お金をかけたくないのであれば笛、一択になりますが弾き語りできませんもんね(^-^;

※そんな場合でも大丈夫な様に安く楽器を手にいれる方法も書いています。

弾き語りをしたいのであれば、ギター、バンジョー、ウクレレ、アパラチアンダルシマー になりますね。

練習で苦労したくなくて目立ちたい のなら一番は、ハンマーダルシマー。

苦労しても目立ちたいなら パイプ類、フィドル、二胡(ちょっと微妙ですが)

その他の要素に関しては各楽器の説明を見て判断していただければ。

と言うわけで実際に楽器を手に取って練習する場合どれくらいしんどいかを楽器の種類ごとにちょっとまとめてみました。

音を出すまでに必要な動作について

まず大人になってから楽器を選ぶなら習得する動作が少ない方が楽ですよね。

動作と言うのは音を出すまでに物理的に身体を動かさないといけない手順の事。

この動かし方を身体に覚え込ませることを練習と言いますが残り人生が少ない大人の事、出来るだけ効率よく習得したいですよね?

もちろん動作の手順が多くても得手不得手は有るので一概には言えませんがある程度の指標にはなるかと思います。

以降では楽器のタイプ別にそれらを順番に上げてみました。

弦楽器(フレット有り)

DSC_0004

解説

フレットと言うのは弦を押さえる部分についている弦と直角についている鉄のレールです。
(※上の画像だと横に5本張られているのが弦でその弦と垂直に指板に埋め込まれているのがフレット)

これがあるとそのフレットとフレットの間を押さえると綺麗に音程が作られます。

要はフレットと弦の関係を覚えさえすれば機械的に出てくる音はわかるというものです。

こういうフレットのある楽器だと、

1. 弦を押さえる
2. はじく
※ギター、マンドリン、ブズーキ、etc.

という2つの動作で音は出てきます。

弦楽器の場合、多くはネックと呼ばれる弦を張った部分を指で押さえ反対側の端をはじく、こする等して音を出します。

この弦を押さえる動作を行う場合、どういう押さえ方をするのか?を決めたものがコードフォームと呼ばれるもので基本的な物は楽器によって決まっています。

それらを覚えれば歌の伴奏等はできる様になります。

ただし即興演奏を行う場合、この基本的なコードフォームを覚えるだけではなくその弦楽器が出すことができる音域等も覚える必要があります。

弦楽器の場合、弦の数が多くなるにつれ同音程異ポジションという同じ音なのに違う位置で押さえる事が出来る問題があります。

ですので押さえる以前に物凄い計算量を頭の中で行わないと優れたソロは演奏できない等の要素があります。

※同音程異ポジション
ギターの場合、2弦の1フレット、3弦5フレット、4弦10フレットは全てドの音が鳴りさらに音程的には全く同じです。

こういうポイントが沢山、存在しそれらを瞬時に判断し最適なポジションを選択する能力を身に着けるのがなかなかしんどいです。

ただし、譜面通りに曲を演奏するもしくは決まったポジションのコードだけ使用するのなら気にしなくても良いですよ(*^^*)

あと当然ですが弦楽器を演奏す場合、弦を抑える側の指の爪を長くしたままは無理なんですね。

指の頭位にはカットしないと弦を押さえられなくて。

ですので付け爪しておしゃれを楽しみたい方には弦楽器は向いてないかな。

実際の楽器

ギター(Guitar)

概要

誰もが知ってるアコースティックギターです。

知っている方も多いと思いますが電気を使わないギターの場合、二つのタイプがあります。

鉄弦を張っているものとガット弦(ナイロン弦)を張っているもの。

それぞれでだいたいの用途は決まっていますがジャンルを跨いでも使用されています。

例えばクラシック、ボサノバ。

鉄弦を張ったギターはその他の音楽全て。

ですので此処からは鉄弦を張ったギターに関してのお話しますね。。

クラシックに関しては直接楽器屋さんでギター教室を紹介していただき素直におすすめのギターを購入するのが良いかと思います。

さらにギターに関する情報や特性に関して扱っているブログやサイトは山ほどありますので、

アコースティックギター おすすめ 初心者

等で調べると沢山出てくるかと思いますので此処では簡単なお話を。

ここで情報の見方を少し解説です。

こういう検索を行って上位にあがってくるものはいわゆる実体験は伴っていないまとめサイトが大部分です。

綺麗に並んでいるサイトの話はインデックス程度に見ることにし実際にはまとめサイトの先にある本物のサイトを見られる方が絶対に良いと思いますよ。

難易度  ★★★☆☆ ~ ★★★★★

先ずはコード(和音)を押さえそれをカキ鳴らしうたを歌ったりと言うのが最初の使い方になるかと思います。

でも楽器を触ったことが無いとこれだけでも結構大変ですよね?

コードって何?

リズムって何?

なんて疑問に思った場合はちょっとだけしんどいですが音楽の基礎的な情報を事前に集めるもしくは勉強するのが良いかと思います。

面倒ですけど後々の為に(^_-)

いちばん親切な楽典入門 CD付

更にコードに関しても。

基本5コードを変形! あらゆるギター・コードが身につく学習帳 (CD付) (ギター・マガジン)

なんて感じで知識を仕入れておくとパズルみたいに面白くなってくるかと思います。

自宅でラクラク上達!30日でマスターするギター講座
現役ギタリストの指導で、いきなり曲が弾ける!
 ⇒詳細はコチラ

酷使する身体の部位

弦を指で押さえるので慣れるまで結構、痛いと思います。

馴れると指先にタコが出来たりします(;^ω^)

女の子だとちょっと嫌かもしれませんが・・・・・

あとどうしても指が痛いって時は張っている弦をテンション(張力)の弱い物に変える等の工夫である程度は回避する事が出来ます。

標準的にはライトゲージなんて太さの弦が使用されることが多いのですがワンランク、テンションの弱いエクストラライトゲージ等を使用するだけでもかなり楽になると思いますよ。

コンパウンドってグレードの柔い弦も有りますがさすがにオススメしません。

よほど特殊な奏法しない限り本来のギターの音ではなくなりますので。

詳しくはエクストラライトゲージ弦の魅力って記事に書いています。

あと自分は手が小さいからコードが押さえ難いなんて悩みをお持ちの場合は少し弦長の短いサイズのギターも販売されていますので選択肢に入れられては如何かと思います。

価格

ホントにピンキリですね。

安いのになると8,000円位からありますし(^-^;

そして仕上がりもまちまちです。

なので自分が実際に弾いてみた事がある製品でこれなら使えるかなぁ~なんてものをあげてみますね。

YAMAHA F315D TBS タバコブラウンサンバースト アコースティックギター アコギ 入門 初心者 F-315D 【入門シンプルセット】

弦長は少し短いですが殆ど普通のギターと同じ感覚の握り具合です。

手の小さな人でも全然楽かと思います。

フレット端やナットも一応、ちゃんと仕上げされていますし。

8,000円程のギターだともう悲しい位にこのあたりの仕上げがいい加減だったりします。

参考動画等

弾き語りだともう歌番組見ればみんながやっていますね(^^♪

ですのでアコギ(アコースティックギターの略)でのカッコいい演奏を幾つか。

先ずは指弾きから。

皆さんそれぞれに特徴があってなかなかですよね。

おなじみの神様にも。

そしてアコギでフラットピック(平たい板状の弦を弾く道具)演奏ではブルーグラス系がダントツにカッコいい演奏が多いですよ。

そして最後は最高にカッコいい演奏で締めくくり

すみません、スイング系は割愛しましたm(__)m

 

マンドリン(Mandolin)

概要

マンドリンには本体、後ろが丸いクラシック音楽で使用されているラウンドバックと後ろが平らになっているフラットバックがあります。

此処ではクラシック以外で使用されているフラットバックに関しての情報をあげてみますね。

フラットバックはここ100年程で作成された楽器で歴史的には新しい楽器ですよ。(他の楽器もそういう新しい楽器は多いですが)

難易度  ★★★☆☆ ~ ★★★★★

知らない方も多いですがマンドリンはバイオリンと同じ調弦になっています。

ですのでバイオリンで演奏出来る曲はほぼマンドリンでも演奏出来ます。

ただ簡単な解放弦でのコードストロークならまだしもクロスピッキングやスウィープを多用したピッキングをマスターするのはなかなかに難しいです。

酷使する身体の部位

弦のテンション(張力)がかなり強いです。

動画だと簡単に弾いていますが。

ですので弦を指で押さえるのが結構、痛いかと思います。

そのうち、なれますが。

価格

最近は1万円程のものもありますが暫く使用したいのなら5万位は欲しいかなぁ~とは思いますが。。。。

お試しなら中古でも結構出回ってますね。

一応、これくらいなら大丈夫かなぁ~ってもののリンクを置いておきます。

Fender フェンダー Concert Tone CT52E A” Mandolin アコースティックギター アコギ ギター (並行輸入)”

これ、中国製(最近の弦楽器は多いです)ですがフレットの仕上げもちゃんとしていて音もちゃんと鳴る楽器です。

更に安いものになると、

Epiphone Mandolin MM-30S AS

でしょうか。

これでギリギリ最低ラインかなぁ~なんて思います。

始め方

フラットマンドリン(フラマン)を使いまくっている音楽はブルーグラスなので概ねブルーグラス関係の教則本等を見る若しくは実際の演奏者に教えてもらう事になるかと思います。

教則本に関しては沢山出ていますよ。

有名な初心者用の物を幾つか。

いちばんやさしい フラットマンドリンレッスン <キミのはじめての音をつくる本>

Mel Bay’s Complete Mandolin Method

参考動画等

先ずはブルーグラスから

調弦がバイオリンと同じなのでスイング系でもよく使用されていますね。

その他の音楽でも。

 

バンジョー(Banjo)

sb10

概要

バンジョー(Banjo)には同じ楽器でありながら幾つかの種類があります。

形状で分けると5弦と4弦。

ジャンルでわけるとブルーグラス、カントリー、オールドタイムが5弦。

アイリッシュがショートスケール(弦長:ネックが短い)の4弦。

デキシーランド等のジャズ系が通常スケール(弦長:ネックが5弦と同じ)の4弦になります。

6弦等はギターバンジョーで弾き方はギターと同じです。

他にウクレレバンジョー等も有りますが奏法はウクレレです。

其々の特徴等は此方にまとめているので参照していただければ。

後、多くのバンジョーにはリゾネーターと呼ばれる反響を目的とした盆型の裏ぶたが本体の裏についています。

あえてこれを外しもっと音量を抑えた形状のオープンバックと呼ばれるものも幾つかのジャンルのバンジョーで使用されます。(オールドタイムやアイリッシュ)

難易度  ★★☆☆☆ ~ ★★★★★

自分が選択する演奏スタイル及びどのあたりまでを目指すのかによってかなり左右されます。

ギターなど他の弦楽器を触ったことがある方なら敷居は低いかと思います。

ただしブルーグラスバンジョーを演奏する場合、3フィンガースタイルで指弾きをしないといけませんので普通にフィジカルな指のトレーニングは必要かと思われます。

またデキシーランド系になるとテクニックだけではなく音楽理論等も理解しないとコードの展開を瞬時に行えません。

この場合、フィジカルな練習以外に楽典等も読む必要がありますね。

アイリッシュ系のテナーの場合、他の楽器で行う通常のフラットピッキング(オルタネイト)以外に変則的なトリップレットを入れる技術の習得も行わないといけませんね。

酷使する身体の部位

弦を指で押さえるので慣れるまで痛いかと思います。

ただしバンジョーは他の弦楽器に比べてテンション(弦の張り)が弱いのでギター弾いていた方にはエレキギターを演奏している位に感じるかと思います。

問題は本体の重量。

ブルーグラス用のトーンリング(音をより大きく更に音質も変えるための部品)が総ブラス製(銅製)なんて感じの物が装着されている楽器の場合、ゆうに6キロほどになります。

本体だけで6キロです(@_@;)

これを肩に担いで演奏するのでかなりしんどいです。

ですので海外でもちょっとお年をめしたプレイヤーは皆、座って弾いてますね(;^ω^)

ですので持ち運びもかなりしんどいです。

ケースを入れると8キロ越えますので。

演奏会場に着いたら楽器の持ち過ぎで指が震えて演奏に支障が出そうになったことがあります(笑)

ですので個人的には演奏会場に車で行ける時には重たいバンジョーを持ちますが電車移動の時には軽くて弾きやすいバンジョーなんてのを持ち歩いています。

もう物理的に楽な方を選ぶようになりました(;^ω^)

価格

過去に自サイトで幾つか記事を書いていますのでそちらお参照していただければ。

始め方

先ずは自分がどんなジャンルでバンジョーを弾きたいかによって選択肢は変わってくるかと思います。

こちらも過去記事をあげておきます。

始め方ですが今はバンジョー教室なども幾つかありますので楽に習うことが出来るかと思います。

また独習するにしても良い教則本やDVDも沢山出ていますので状況的には難しくないかと思います。
ブルーグラスバンジョー
4845615193

参考動画等

ブルーグラス(5弦)

ニューグラス系(5弦)

アイリッシュ(4弦ショートスケールネック)

デキシーランド系(4弦通常スケールネック。一部ショートスケール使用)

オールドタイム(5弦オープンバック)

自分がこれから購入するならここのバンジョーって決めているメーカーさんの動画

オールドタイムスタイルの2フィンガー奏法で演奏していますね。

次はガット弦のスクープネックのバンジョーでフレイリング奏法で演奏しています。

この音質がたまりません。

次はフレットレスバンジョーですね。

このあたりに来るとほとんど個人的な趣味でマニアックなのであまり参考にならないかもしれません(笑)

ついでに全編フレットレス

と此処まで書いてかなり紹介する動画が記事の趣旨とズレていることに気が付いてこのあたりで止めておきます(^-^;

アパラチアンダルシマー
(Appalachian Dulcimer)

cd1

概要

元々はヨーロッパでも使用されていたフレット付きツィター属が移民と共に海を渡りアメリカのアパラチアン文化圏で独自の進化を遂げた楽器です。

その後、一時期すたれていたのですがジーンリッチーさんに取り上げられ今日では見事リバイバルしていますよ。

難易度  ★★☆☆☆

弦楽器の中ではかなり弾きやすい楽器です。

特に他の弦楽器をされていた方からは。

まずこの楽器、フレットがダイアトニックです。

ダイアトニックと言うのはドレミファソラシドで配置されています。

ギターその他、殆どの弦楽器は1オクターブを12個に分割して配置されているので慣れるまでに時間がかかりますがダイアトニックだと直感で押さえる事が出来ます。

実際に触ってみられるとこの意味がわかるかと思いますが。

酷使する身体の部位

弦を指で押さえますが痛くありません。

アパラチアンダルシマーの弦は非常にテンション(弦の張り)が弱いので。

価格

かなり高い物も有りますがそれでも4~7万程で普通に使えるものが手に入ります。

始め方

独習でも十分習得できる楽器かと思います。

教則本やDVDも沢山出ていますよ。

Exploring the Beauty of the Appalachian Dulcimer [DVD] [Import]

Southern Mountain Dulcimer (Native Ground Music)

参考動画等

ノーター(フレットを抑える棒)ではなく指で押さえるモダンな奏法

同じく指で押さえていますが今日の標準的な演奏スタイルかと。

次はフィンガーピッキングでも演奏されます。

こちらの演奏はかなりモダンですね。

途中で使用しているのが左手に持った棒がノーターと呼ばれる棒で伝統的な奏法です。古い奏法も要は使い方、弾き方のセンスの問題と言う感じですね。

ちなみにこの楽器は映画「サスペリア」の中でもメインテーマを演奏していたイタリアのプログレグループ、ゴブリンの演奏で効果的に使用されていましたね。

歌の伴奏に関してはお手の物。

シンディー・ローパーも使用しています。

メチャ泣けますね。

ウクレレ(Ukulele)

概要

誰もが知ってるウクレレです。

でもウクレレって同じものだと思ってる方が大半だと思いますがウクレレには主に3種類の大きさがあります。

■ ソプラノ

いわゆる皆さんのイメージする大きさのウクレレです。

■ テナー

ソプラノより一回り大きくギター等、他の楽器を演奏していた方には押さえやすい大きさのネック(弦が張っていて押さえる部分)の長さですね。

私も個人的に使用しているのはこのテナーです。

■ コンサート

テナーよりもさらに大きくなります。

ただし弦のテンション(張り)がきついのでウクレレっぽい音よりもガットギター(クラシックギター)の高音部分の様な音質になります。

個人的にはあまり好きではないかも。

難易度  ★★☆☆☆ ~ ★★★★★

コードを弾いて歌の伴奏などなら非常に楽です。

特に3コード(基本的なコード)だけの曲なら初心者用の教則本見ながらでも少しの時間でマスターできるかと。

ただウクレレでソロ演奏となるとそれなりのテクニックや練習が必要になってきます。

これはどの楽器でもそうですが(^-^;

酷使する身体の部位

弦を指で押さえるので慣れるまで少し痛いかと思います。

価格

ホントにピンキリですね。

もう安いのになると3000円位からありますし(^-^;

でも断言します。

普通に使っていきたいのなら絶対に最低ラインは15,000円。

出来ればソプラノでも20,000円程度の物は購入してほしいと思われます。

Famous/FS-1 フェイマス ソプラノウクレレ11点セット

始め方

書店に行けば初心者向けの教則本やDVDは山ほど出ていますし心配なら各地にある教室に通うのも良いかと思います。

とにかくとっかかりは非常に楽な楽器かと思います。

参考動画等

弾き語りだともう世界中でみんながやってます(^◇^)

[mryl]31lSKiJgVg[/mryl]

ソロでも有名な方から素人の方までメチャメチャ皆さんそれぞれのスタイルで演奏されています。

見ておわかりの様にウクレレでJAZZって結構演奏されている方が多いんですよね。

弦の数が少ないのはボイシングの知識も必要になりますがある程度オミット(省略)するパターンを覚えると楽な楽器だと思うんですよね。

ウクレレって。

でもアイリッシュとなると音域の問題で4弦を1オクターブ下の弦に変えるなどしないとちょっとしんどい感はあるんですが次にご紹介するこちらの方はノーマルのソプラノで演奏されていてしかもトリプレットまで。もうほんとにビックリです。

 

半分以上はバンジョーで言うところのクロマチックスタイルで演奏されていますね。

弦楽器(フレット無し)

解説

先ほどはフレットがありましたがバイオリンや二胡にはフレットがありません。

そういう場合はだいたいの押さえる位置を身体が覚えないといけなくなります。

更には物凄い速さで音程を補正するような動作も要求されますのでフレットの有無で難易度は極端に変わります。

ただし慣れればそんなに苦労しませんが。

1. 弦を押さえる
2. はじく、こする
3. 音の補正をする
※バイオリン(フィドル)、二胡

もちろんバイオリンや二胡にも同音程異ポジションの問題はあります。

ただし弦が6本のギターよりは数は少ないですし二胡に至っては数か所しかありません。

実際の楽器

二胡

二胡

概要

一時期のブームも終わり一段落した感のある二胡ですがそれでも大人になってから始められる方は沢山おられますね。

ちなみに自分は色々と楽器が好きで演奏してきましたが唯一、途中で挫折した楽器でもあります。 まだ恋心は持ってますが(笑)

あと、二胡を通じてお相手を見つけ結婚されたり付き合い始めた方が自分の周りだけても5組居ます😉

これってかなりの確率ですよね。

楽器を始めながら婚活も出来る楽器ってなかなかだと思うのですがどうでしょうか。って関係の無い話に(笑)

難易度  ★★★★★

案外、楽器を触ったことが無い人に向いてるかもしれません。

他の楽器を演奏していると色々な部分で先入観があってなかなか馴染めないかと思います。

特に数字譜には。

わたしはこれで挫折してしまいましたので。

酷使する身体の部位

弦を指で押さえるので慣れるまで少し痛いかと思います。

弦の張りはまあまあ有ります。

また演奏フォームが普段は絶対にしない様な動きになりますので慣れるまでは肩が凝ったりするかもしれません(^-^;

価格

50,000~1,000,000~
TOZAI 二胡 アルフー, 高級プロフェッショナル仕様 / 欣雨, 紫檀製

始め方

二胡って結構あちこちらに教室が有るんですよ。

ただし先生のレベルもまちまちで自分にあうレベルの先生に教えてもらうのが一番良いかと思います。

本場中国からの先生も結構居られますよ。

二胡教室検索

参考動画等

バイオリン(Fiddle)

概要

クラシック系の話は書けません。専門外なので(;^ω^)

あくまでもアイリッシュ、オールドタイム系の音楽に関してだけ。

バイオリンもフィドルも同じ楽器で呼び名が違うだけって感じでしょうか。

実際にはフィドルとして演奏する場合、ダブルストップ等の奏法がやり易い様にブリッジを平らに削ったり長時間の演奏が楽なように弦高低くされている方も多いですね。

ただ庶民的な呼び名としてはフィドルが定着しています。

屋根の上のバイオリン弾き」 も原題は 「Fiddler on the Roof」 ですし。

そんなフィドルですが大人になってからも地道な練習と良い音楽を沢山聴いて沢山練習すれば上手い人になれるかと思います。

実際にそういう人をたくさん知っていますので。

難易度  ★★★★★

正直難しいです。

フレットは無いし音を出すのは弓を操作しないといけませんし。

沢山の課題が目の前に立ちはだかっています。

でもあきらめずに練習すればちゃんと弾けるようにはなるかと思いますが・・・・

後はあなたの頑張り次第でしょうか(^^♪

酷使する身体の部位

弦を指で押さえるので慣れるまで少し痛いかと思います。

また演奏フォームが普段は絶対にしない様な動きになりますので慣れるまでは肩が凝ったりするかもしれません(^-^;

バイオリンを押さえるあごのあたりがちょっと色が変わったり硬くなったり(^-^;

価格

20,000 ~

アイリッシュやオールドタイムの演奏をするなら正直ちゃんと調整された10万以下、場合によっては4万位の物が良いかと。

何故なら暑い夏の屋外で数回演奏するとまともな楽器はメンテナンス行きになってしまいます。

ですので何十万、何百万もする高価な楽器は必要ないかと思います。

鈴木 アウトフィット バイオリン No.230 4/4

もっとチープな楽器も有ったりします(;^ω^)
Andoer 4/4 フルサイズ セット アコースティック バイオリン ヴァイオリン 純木 カエデ 初心者/学生対応 気軽に演奏♪

始め方

独学は大変です。

アイリッシュならアイリッシュ。ブルーグラスならブルーグラスの先生に習った方が良いかと。

ただし基礎的な弓の使い方、弦の押さえ方は共通していますので基礎をクラシックの先生に習ってからその後、自分の好きな音楽の先生に習うのが良いかもしれませんね。

参考動画等

スコティッシュ

ブルーグラス

今はすっかり大人になっていますが若いころのAnnieさんです。

オールドタイム

笛類

解説

原理としては非常に簡単です。

1. 息を吹き込む
2. 指を動かし音階を作る
※ホイッスル、フルート、多くの民族楽器

動作的には、これだけなんですね。

実際には息を吹き込む場合の口の形やタンギングと呼ばれる音を切る為の操作を舌を使って行ったり横隔膜で制御したり。

結構、訓練が要る楽器類です。

実際の楽器

ホイッスル(Whistle)

sdram tin whistle

概要

始めるには一番敷居の低い楽器かと思われます。

金額的にもテクニック的にも。

最近では少し大きな楽器やさんには置いている処が増えてますね。

なお、購入時にはキーがDの物を選らんてくださいね。

Cではないですよ(^-^)

アイリッシュ等の民族系では基本、キーがDのホイッスルを使用します。

難易度  ★☆☆☆☆★★★★★

小学校の時に吹いていたリコーダーに比べたら全然楽に音を出せます。

ただし息の強さでオクターブを出すノリが最初は戸惑うかもしれませんが。

更にアイリッシュの様な高速で装飾音をバリバリに入れ且つタンギングでトリップレットを入れまくりたいのなら相応の練習量は必要です。

酷使する身体の部位

歯でマウスピースを噛んでしまったりして歯が痛くなったりするので注意です。

価格

1,500 ~ 50,000

色々なメーカーから色々なクラスの物が販売されています。

でも最初は1,500~3,000円程の物で良いかと思います。

音に好みが出てきたら高級品を購入すれば。

Clarke Sweetone TIN WHISTLE in case Key: D (Silver)

始め方

一番、普及しているホイッスルの演奏ジャンルとしてはアイリッシュ系になるかと思います。

アイリッシュ系の音楽に関しここ最近は沢山の教則本、DVD、ネットでの動画等、参考に出来る情報が沢山手に入ります。

教則本では此方が一番に強力にオススメします。

地球の音色 ティン・ホイッスル編(CD付)改訂版

基礎から応用までかなり詳しく記述されていますよ。

また、アイリッシュ系のホイッスルを演奏する方が沢山居られるのでそれらの方々に習われるのも良いかもしれませんね。

参考動画等

アイリッシュ

KAN

ローホイッスル

バグパイプ

KIMG3922

解説

とにかく沢山の種類があってそれぞれのパイプで指使い、音域、得意とする音楽、音色、音量(音圧)が全く違います。

基本的な構造としては空気を貯めるためのバック、バックに空気を送る為の菅、メロディーを奏でる菅、一定の音を出すためのドローン菅で構成されます。

ただ空気を送る為の菅ですが口で吹いて空気を送るタイプとふいごを使って空気を送るタイプに分けられるかと思います。

更に演奏するときの動作ですがこれもパイプによってかなり変わってきます。

基本的な動作としては、

1. 息をバッグに吹き込む
2. バッグを押す
3. 指を動かし音階を作る
※ハイランドパイプ、ノーサブリアンスモールパイプ(ふいご式)、セックピーパ etc. その他多くのパイプの場合。

となりますがアイリッシュパイプの場合は違っていまして、

1. 空気をふいごによってバッグに吹き込む
2. バッグを押す
3. 指を動かし音階を作る
4. チャーターの上げ下げ
5. レギュレーターの操作
※アイリッシュパイプ

となります。

かなり複雑ですね。

実際の楽器

ハイランドパイプ
(Great Highland Pipes:GHP)

KIMG3922

概要

バグパイプと言えばこのハイランドパイプ。

でも間違わないで欲しいのはハイランドパイプがバグパイプではなくてバグパイプという種類の楽器の一つがハイランドパイプということです。

野菜の中に白菜や人参があるみたいな感じです。

ですのでバグパイプには沢山の種類(250種類程)があり其々で肝になる部分が異なっています。

自分が目指す音や音楽性にあった物を選ぶ事が大事かと思います。

と言うわけでバグパイプの代名詞であるハイランドパイプ。

難易度  ★★★★★

見た目以上にかなりの制約の中で演奏される楽器です。

とにかく一部の種類のバグパイプを除き基本的にはバグパイプは音を切れません。

一旦、バックに空気を貯めそれを各管に出しているので音が出始めると止められません。

ではどうするのか?

多くのバグパイプの場合、音を切りたい場合、切りたい音の前に特定の法則で決められたメロディー音以外の音を挿入し疑似的に音が切れている様に演奏します。

その装飾音は全て明確に決められたパターンがあってそれをマスターしないと複雑な曲は演奏できません。

これらの装飾音の取得にはかなりの時間を使用しますし地道な練習が必要になります。

例えばこういう感じになります。

The Piper’s Corner: Understanding Bagpipe Music から参照

譜面内、太字の部分がメロディーでそれ以外の部分はすべて装飾音です。

この譜面レベルでごくごく普通に演奏される位のレベルです。

さらに酷使する身体の部位でも書いていますがかなりの筋力を使います。

酷使する身体の部位

ハイランドパイプを演奏するには確実に二ヶ所の筋力を超強力に鍛える必要があります。

一つは息を吹き込む口の周りの筋肉。

やればわかりますが最初は数秒から数分で息を吹き込めなくなります。

口の周りの筋肉がマヒしてしまって口をすぼめて空気を送る菅から空気を送る為にくわえる事が出来なくなります。

これは本物のバグパイプではなくて指使いを練習するプラクティスチャンターを使用している時にも起こる現象なのでプラクティスチャンターで練習をすれば本物のパイプを演奏してても大丈夫な様に口の周りの筋肉は付いてきます。

ですので最初はひたすら忍耐でプラクティスチャンターでの練習を行いましょう。

そして二つ目の課題。

口から入れた空気を貯めているバックをある程度の強力な力で押さえないとパイプは鳴りません。

この押さえる力も半端ないので慣れるまでは腕がプルプル状態になります(;^ω^)

馴れれば加減がわかりますので上手く力を抜いた形で押さえられるようになります。

更にリードの調整などで軽いセッティングにも出来ますし。と言ってもハイランドパイプを演奏する為に押すバックの力は他のパイプを凌駕しますが。

価格

100,000~1,000,000~
ハイランド・バグパイプ PLAIN

始め方

ハイランドパイプですがいきなり本物のバグパイプを演奏することはしません。

というか物理的に絶対に出来ません(;^ω^)

調整も大変ですし息の吹き込み方のコツやバッグの押し方も個人での習得は難しいからです。

ならどうするか?

最初はハイランドパイプの超特殊な指使いをプラクティスチャンターという室内で練習できる音を出す部分だけの物で練習します。

そして十分に指使いがわかったところで本物のバグパイプでの練習に移ります。

ですので先ずは何よりもプラクティスチャンターの購入から。

プラクティスチャンターに関しては実際に習われる場所でおススメを訊くと良いかと思います。

そしてこういう細かい運指(装飾音)を覚えます。

実際のバグパイプ教室なら検索すれば結構出てきますよ。

バグパイプ教室

参考動画等

正統派のハイランドパイパーの皆さんからは怒られそうですが個人的に好きな音を幾つか。

更に名曲中の名曲

おススメ音源

先ずハイランドパイプとなるとマーチで軍楽隊なんてイメージがあるかと思いますが実際には他のジャンルでもドンドン使用されている楽器でもあります。

個人的に大好きなお二人のアルバムをご紹介しますよ。

テクニック、音楽性、とっても大好きなんですよね。

Break Out ブレイク・アウト

Wicked CARAVAN

ちなみに私は伝統音楽ばっかりやってるオッサンだと思われていますが実はほとんどポップスとトランスばっかり聴いてる変な人だったりします(笑)

ですのでこのあたりの音楽は大大大好き(^◇^)

ノーサンブリアンスモールパイプ
(Northumbrian Small Pipes:NSP)

概要

他のバグパイプとは全く違った方法で演奏されます。

詳しくは Northumbrian Small Pipes に記述していますが演奏法も構造も全く異なっています。

難易度  ★★★★★

見た目と音以上にかなりのフィジカルトレーニングを行わないと本来のNSPの音が出てくれません。

真面目な話、途中で挫折した他の管楽器奏者多数です(;^ω^)

独特の指使いとは次の音を出すときに一旦、全ての指穴を塞いでから次の音の指穴を開けます。

この動作、言うは簡単ですが実際にやってみると多くの人は出来ません。

特に他の指を全て押さえた状態で薬指だけ高速に上下するなんてものすごい訓練しないと出来ないですよ。

最初から出来たらもうNSP奏者になる為に生まれて来た様に思います(笑)

更に他の笛類を演奏しているとこの動きは本当に出来なくなってきます。

酷使する身体の部位

バグパイプ類の中では比較的バックを押す力もあまり要らないパイプです。

どちらかと言うととにかく一定の圧力を加えないといけないのでそのコントロールでしょうか。

少しでも圧力を変えると音程の変化に即、繋がります。

ただ、絶えず指孔をちゃんと押さえないといけない緊張状態が続きますので慣れない間は指の腱を痛めそうになりますね。

ですので休憩を入れながら練習なり演奏をすることをおススメします。

価格

200,000 ~

でも高くても50万以下ですのでアイリッシュパイプの高いメーカーだと80万位する事を考えるとまだましかも。

すみません、金銭感覚狂ってますね。

始め方

先ずはものを手に入れないといけませんが普通には売っていません。

此方にメーカーのリストも書いていますのでどうぞ。

メンテナンスは他のバグパイプに比べれば非常に楽です。

気にするのはメインのメロディーを演奏するチャンター用のリードだけでOKなので。

ドローン用は神経質にならずとも手に入りますし作れますし調整も楽です。

ただしその独特の指使いは先ほども書きましたが他のパイプや笛類を演奏されていた方々には悲しい思いをさせてしまうかもしれません。

原理的には簡単な筈なのに指の構造上、なかなかそれが出来ないんですよね。

参考動画等

では超NSP的な特徴の出ている演奏を。

ちなみにNSPはソロで演奏する場合、テーマとなる曲を演奏。

その後はその曲を自由にアレンジ(コード進行位しか参考にしていない場合も(^-^;)したパターンを数回、アドリブなどで演奏。

そして元のテーマに戻る若しくは次の曲に行く。みたいな構成になります。

アイリッシュ系の変奏(へんそう:あくまでも元の曲のメロディーの中で要所々々の装飾音などを変える)とは全く違ったアプローチでの演奏ですね。

とにかくこの方、メチャメチャ、演奏がキレてます。

正直、私も此処までキレキレで弾けません。

もう凄いとしか言いようがないですね。

そして現在のNSP界をけん引している男性NSP奏者と言えばこの方ですね。

ちなみにこちらはGのチャンター使ってるので音が更にシャープですね。

こちらの曲は私も練習していますが3、6パート目がなかなかに難しいです。

そして女性NSP奏者ではやはりこの方が一番有名な方ですね。

如何でしょうか?(^^♪

アイリッシュと違ってノーサンバーランドの演奏は結構組曲風になってたり複雑にハーモニーを当てたりしているのでこの辺りが好きになれるかどうかでしょうね。

アイリッシュパイプ
(Irish  Pipes、Uilleann Pipes)

フルセット、Uilleann Pipes: 1988 Alain G Froment氏製作
概要

以前は私も演奏していましたが今はしていませんのでさわりだけ書きます。

詳しく書くと色々突っ込み入って面倒なので。

ここ最近、メチャメチャ演奏者が急増しているパイプですね。

日本でも演奏する方が増えたのでメンテナンス情報なども手に入りやすくなりました。

その昔は情報が無くてメンテも演奏もホントに大変でしたが(;^ω^)

今は楽ですよ(^_-)

価格

200,000 ~

価格的には基本練習用のプラクティスセットと呼ばれる、音を出すチャンター、バック、ふいごのセットから始めることになります。

これに慣れてきたらドローン菅、レギュレーター菅を追加装着します。

楽器は信用のおけるビルダーに作ってもらうのが確実です。

ビルダーは日本、世界共に沢山増えています。

検索すればすぐに出てきますので調べてみてください。

あえて書きません。

ちなみにプラクティスセットで半年位待ちで作ってもらえれば早い方でしょうか。

後は身近に実際に演奏されている方が居られてその方にメンテしてもらえるのであればebay等で本物のアイリッシュパイプの中古を購入しても良いですが目利き出来る方が居なければやめた方が良いかと思います。

始め方

メンテナンス、楽器習得にかかる時間に関しては自分が知っている楽器の中では一番必要です。

特にメンテナンス。

演奏自体、チャンターだけなら慣れればメチャメチャ難しいという感覚は持っていません。

ホイッスルを演奏していた方ならとっかかりは速いかと思います。

独特のノリを会得するには壁がありますが。

とにかく先ほども書きましたがメンテナンスが大変です。

日本みたいに湿度や気温が季節や一日の間にものすごく変動する地域だと。

少しの湿度の変化は音程の変化、さらには演奏性の悪化につながります。

それらを瞬時に対応する能力が必要になります。

おまけに調整するリードはフルセットのアイリッシュパイプの場合は7つになります(内、3つはドローン)

こういう複雑なメンテナンスに関しては個人が一から始めることはほぼ不可能です。

実際にそこそこ演奏されている方にレクチャしてもらわないと無理かと思います。

東京、大阪、名古屋には優れた奏者がいますので先ずはその方々にどこのパイプ使ってる?メンテはどうやるの?等を問い合わせしてみれば良いかと。

パイパーは基本、気の良い奴が多いので無作法が無ければちゃんと情報出してくれますよ。

参考動画等

個人的に好きな奏法であったり動画なので参考になるかどうかはわかりませんが。

チャンターメインでバリバリ演奏です。

少しレギュレィーターを使用していますが。

ボーダーパイプとは音域が同じなので一緒に演奏できますね。

プサルティウム類

解説

箱や木の板に弦を張ってそれを叩くなり(ハンマーダルシマー)指ではじくなりする楽器です。

世界中に割と色々と分布していますが日本には何故か無いですね。

音を出す動作的には、

1. バチで叩く
※ハンマーダルシマー、サントゥール

1. 指ではじく
※カンテレ、グースリ、コークリ

1. 弓で弾く
※ボウドソルタリー

の3種類でしょうか。

実際の楽器

ハンマーダルシマー
(Hammmered Dulcimer)

MasterWorks Chromatic

概要

台形の箱に張った弦をバチでたたいて音を出します。

それでハンマーダルシマー(たたくダルシマーと呼ばれています)

アメリカで細々と演奏されていた楽器ですが50年ほど前からリバイバルが起き今では結構、ポピュラーな楽器になってますね。

演奏されるジャンルもオールドタイムだけにとどまらずアイリッシュ、環境音楽、癒し系、etc. とてもたくさんのジャンルで使用されています。

更に一度きいただけで魅入られてしまう音色も相まって今日、結構な人気です・

難易度  ★☆☆☆☆ ~ ★★★★★

見た目はいかついですがこんなに簡単に弾けて良いのかなぁ~?って位に短期間でさまになる様になります。

あくまでもさまになってる様に見える。という感じですが。

確かに複雑に音を入れる演奏をするとどの楽器でも同じようにむつかしくなりますがメロディーを演奏するだけならホントに簡単に演奏できます。

鍵盤楽器の様に調によって押す指の順番を覚える必要が無く基本的なG、D、A、C、F位のキーであれば全て同じ音の並びになっています。

基本的な並びを一つ覚えればそれを上下に移動させれば異なったキーでも演奏できます。

更に最初の内は伴奏音を付けなくてもメロディーの音だけでも十分満足出来るかと思います。

そして簡単な伴奏ならとにかくメロディー音の近くの隣のブリッジの弦を叩けば何とかハーモニーになるような構造になっています。

ですのでとっかかりは楽です。

酷使する身体の部位

楽器の持ち運びで腰を使い更に演奏時に前傾姿勢をとることが多いので腰を痛める事が多いように思います。

私も長時間演奏すると腰が結構痛かったですね。

ただし実際音を出すのは二本のハンマーで弦を叩くだけなので何某かの理由で弦を押さえられない等、身体的なハンディキャップを持った方にもおススメできる良い楽器だと思います。

価格

過去に自サイトで幾つか記事を書いていますのでそちらお参照していただければ。

コース数(弦の数)が少ないものであれば8万位から。

最高に高いものでも50万以下です。

なお、楽器の購入に関しては色々とされている方も居られますね。

わたしもご相談位にはのれますが。

始め方

今はこの楽器を習える場所も数か所ありますよ。

検索してみてください。

ハンマーダルシマー教室

参考動画等

ハンマーダルシマーと言えばアイリッシュって位にアイリッシュ系の音楽を演奏するための楽器と思われている節がありますが実はアメリカのオールドタイム系の音楽で使用されているのがメインでした。

と言うわけでその辺りの物から徐々にモダンな演奏をご紹介。

オールドタイム

アイリッシュ、イングリッシュ、スコティッシュ系

こちらの系列になると何故かJIGを演奏される方が多くて不思議。

私はREELの方が楽なんですが(^-^;

この方のダルシマーおそらく手作りだと思うのですが構造がアレなのに結構良い音しててビックリです。

コンテンポラリー

こちらはアメリカのハンマーダルシマーではなくてドイツのハックブレット呼ばれるハンマーダルシマーの仲間ですね。

ポップスを演奏される方も多いですね。

ボウドソルタリー(bowed psaltry

概要

三角形の箱に張られた弦を弓でこすって音を出す楽器です。

こちらもチューニング(音合わせ)はしんどいですが直ぐに音が出る様になりますよ。

超神秘的な音は天使の羽音、ハンマーダルシマーと双璧をなすと思います。

値段もだいたい5万以下ですね。

難易度  ★★☆☆☆

見た目は複雑ですがとがっている方を向こうに向けて右端、手前から音階が順番に並んでいます。

ちょうどピアノの白鍵です。

そして左側はその白鍵の合間を縫って半音が配置されています。

ピアノの黒鍵ですね。

簡単ですよ。

実際に弾けばわかりますが。

大変なのはチューニングだけです。

酷使する身体の部位

特にありません(^^♪

価格

色々なメーカーから出ていますが国内ではもちろん売っていません。

バグパイプをebayで購入するのは気が引けますがこの楽器なら普通の物が購入できます。

James Jones Two Octave Soprano Bowed Psaltery with Case (all solid wood)

始め方

何も考えずにひたすら弓でこすってください(^-^;

ホントにそれだけですので。

もし心配ならこういう本もありますよ。

LEARN TO PLAY BOWED PSALTERY BOW BOOK & DVD NEW

参考動画等

聴いてみてくださいね。

もう既に虜になったでしょ?(^^♪

まだまだ日本で演奏している人は少ないのでニッチな楽器としてどうでしょうか?

カンテレ(Kantele)

kante1

概要

最後は指弾きですね。

日本でも認知度があがってきましたがこのカンテレ族の楽器は北欧から東ヨーロッパ、更に中近東にまで広がっています。

此処では複雑で大型の物ではなく20弦以下の小型の物をご紹介します。

難易度  ★★☆☆☆ ~★  

見た目は単純ですがそれを複雑なテクニックを使用して最高に演奏するのはなかなかに大変です。

このあたり楽器の構造の単純さと出てくる音のふくよかさは全く関係ないんですよね。

酷使する身体の部位

特にありません(^^♪

価格

20弦以下の物なら大抵、7万円までです。

ちなみにカンテレ族専門の製作者も沢山居られますよ。

カンテレメーカーを検索

沢山のメーカーが出てきますね。

ebayでも販売されていますね。

Finnish Kantele – 11 String

カンテレ族ですがラトビアのKokleも

始め方

ここ最近はカンテレを教えてくれる処も徐々に増えてきました。

簡単な指引きだけなら独学でもOKかと思いますが複雑な指使いのパターン等もマスターしたいのであればやはり習われた方が良いかと思います。

日本カンテレ友の会 Kantele Japan

参考動画等

良いですねぇ~

フィンランドの情景が浮かびます。

カンテレ族に関しては過去に色々記事を書いていますのでよろしければ。

楽器動画:冬はやっぱりKantele (カンテレ)

ヨーロッパの撥弦(はつげん)楽器類の音色には心癒されます(ロシア編)

ヨーロッパの撥弦(はつげん)楽器類の音色には心癒されます(ラトビア編)

ヨーロッパの撥弦(はつげん)楽器類の音色には心癒されます(フィンランド編)

ヨーロッパの撥弦(はつげん)楽器類の音色には心癒されます(中近東編)

楽器動画: Gusli Russian Psaltery (ロシアのソルタリー系楽器)の演奏

打楽器

解説

世界中には沢山の種類の打楽器があってそれぞれが異なった奏法を持っています。

基本的な動作としては、

1. 手、またはバチで叩く

となりますね。

此処では自分が実際に演奏しているものに関してのみ記述してみたいと思います。

実際の楽器

ダフ(Daff / Tar Drum)

flmd1

概要

輪にした木材の片面に伸ばした皮を張っただけの簡単な構造のドラムです。

主に中近東で使用されていますが今日では世界各地で演奏されています。

もう見た目の単純構造からは考えられないくらいの多彩な音が出ます。

叩くと言っても左右の指、合わせ、最高8本程で演奏されます。

説明の前に先ずは動画を見ていただければその凄さがわかるかと思います。

難易度  ★★★★★

色々楽器をやった自分が言いますがかなり難しいです。

このフレームドラムって単発で音を鳴らしてもそんなに破壊力が無いんですが上手くリズムに乗せるとウネリと言いますかバグパイプのドローンの様な帯域の音がずーっと鳴る感覚になるんですね。

それがなかなか出てきません。

十分な基本パターン練習とそれを上手く回し続けるリズム感と体力が必要になるかと思います。

酷使する身体の部位

やればわかりますが先ず左手が攣っちゃう(笑)

もう信じられないくらいにこれまでの楽器演奏者の歴史が役に立たないことを思い知らされます。

後、右手も結構浮いた感じになりますよ。

ずーっと叩いてると。

見た目以上に超ハードな楽器です。

価格

価格的にはそんなにしないんですよね。

人工皮の物なら概ね1万円以下。

本革でも種類によりますが3万円までです。

Remo フレームドラム 22インチ Framedrum【レモ パーカッション】

Turkish Quality Bendir Percussion Frame Drum Riqq,Tar, Daf, Def EB-130

始め方

習いに行かれた方が良いかと思いますが正直、私がこの人上手い!!って思ったフレームドラム奏者の方には未だ会った事が無くて(^-^;

申し訳ありませんが。

ですので自分でDVDなりで研究してみても良いかと思いますが。。。。

超ニッチな楽器だと思います。今なら。

参考動画等

先ずは神業、David Kuckhermann さんから

これなんて何気に演奏されていますがどうやっても左手の指が此処まで綺麗に鳴ってくれないんですよね。

ホントに凄いです。

では色々な方の演奏も。

バウロン(Bodhran

概要

先ほどのダフと似ていますが構造が異なっていますし演奏法も異なっています。

張られている皮もビーターと呼ばれるバチをこすりつける様に叩く奏法に適した様に分厚い皮が張られています。

更に湿度により伸び縮みする皮のテンションを調節するためのネジが付いているものもあります。

主にアイルランドの伝統音楽で使用されている太鼓で今日ではとても有名ですね。

難易度  ★★☆☆☆ ★★★★★

簡単にも演奏できますが手数を沢山入れたり音に変化を付ける方法を行うと結構大変になります。

それでも個人的にはダフよりも楽に演奏できますが。

酷使する身体の部位

ビーターと呼ばれるバチを素早く動かして太鼓の面を打ち付けるのでそれなりの筋力は必要です。

腕力に頼らずホントに指先だけで細いビーターを振る奏法もありますが。

この場合はあまり力は要りませんね。

ただ、ビーターで叩く皮の面を裏側から押さえたり離したり擦ったりして音質や音程を変えるテクニックがあるのですがこれをやるにはやっぱり左腕の筋力が必要になります。

価格

20,000 ~

高くても5万以下ですね。

MEINL Percussion マイネル フレームドラム Irish Bodhran FD14IBO 【国内正規品】

始め方

わかれば単純な動作の積み重ねですが最初はどうやって音を出しているのか全く分からないと思います。

一番いいのは実際に演奏している人を捕まえて数回レクチャーを受けるのが早道かと思います。

後はとにかく曲を聴いてどこで入ってどこで出るのか。

演奏者の邪魔にならずに引き立てることが出来るのか等、演奏以外の部分も多分に学ぶ必要があるかと思います。

何でもかんでも叩いて参加するのはよくありません(^-^;

参考動画等

基本的な演奏方法を。

この後、ドンドン奏法が進化していきますね。

途中で音色や音程を変化させていますよ。

少し長いですが左手で皮を押さえたり離したりして音に変化を与えていますよ。

 

安く楽器を手にいれる方法

楽器が欲しくても資金が無い・・・・なんて時でも練習用なら手に入れる方法は沢山ありますよ。

そういう方法を幾つか。

粗大ごみで拾う(無料)

という方法を書いたのですがアルミ缶を持ち去るのが基本は許されていないのと同じで粗大ごみとして出されているものを持っていくと、

『占有離脱物横領罪と言うことで1年以下の懲役又は10万円以下の罰金』

との事でやめましょう。

大手でないセコンドハンド屋さんで探す(1,000~5,000円)

ハードオフ等の大手ではない楽器の価値のわからない感じのお店が最近、多くなってきました。

多くは脱サラ?されて各家庭を回り無料でゲットされた物品を売ってたりしますが時々、良いものに当たります。

友達からもらう(無料)

友達に片っ端から声をかけましょう。

ギター欲しいねん。

ウクレレ欲しいねん。

って。

そのうち、友達の友達の友達・・・・・辺りから頂けるかもしれません。

先ずは声に出してみることですね。

ヤフオク(1,000~5,000円)

あまりオススメしません。

ある程度楽器の事に精通したら良いですが。

オークションに参加している間にやる気が萎えます。

Amazon

Amazonでもプライム会員になるとかなりの割引をしたセールに参加出来るようになりますね。

楽器も結構、お買い得になってます。

 

と言うわけで色々書いてきましたが結局自分の中でビビーんって来た楽器をチョイスすればよいのではないかなぁ~なんて思います。

頑張ってくださいね。

でも無理せずに!!

でわでわ(^^♪




2件のコメント

  1. 南部 より:

    自治体が管理するゴミ置き場から無断で持ち出すのは、占有離脱物横領罪ではないでしょうか。1年以下の懲役又は10万円以下の罰金ですよ。誰かがこの記事を見て横領した場合、記事を書いた人は教唆罪になる可能性がありますよ。
    削除するなり加筆訂正するなりした方がいいんじゃないでしょうか。

  2. 小池 より:

    〉南部さん
    ご指摘ありがとうございます。
    加筆&訂正しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です